梅の郷救助隊 神戸で決意新た

 民間災害ボランティア団体、紀州梅の郷救助隊(尾崎剛通隊長)は17日、神戸市で開かれた「阪神淡路大震災1・17のつどい」にことしも参加した。隊員ら22人が被災地を訪れ、竹筒の灯ろうに灯をともして犠牲者の冥福を祈った。尾崎隊長は「発生が予想されている南海トラフ大地震に、阪神の教訓を生かしていく必要がある」とあらためて防災意識の高揚へ決意を新たにしていた。
 ことしで9回目の参加。到着後に茶がゆの炊き出しを始めた。地震発生時の午前5時46分には黙とうも行い、災害で亡くなった6434人の冥福を祈った。竹筒の中に浮かべたろうそくにも灯をともした。会場ではスタッフとして活動し、朝と夕方の2回、茶がゆ約1500食分を振る舞った。茶がゆは、このイベントで交流が深まった人たちから提供のあった滋賀県の米、三重県桑名の銘水「多度の滴」、上富田の「七福神の水」を使って炊き上げ、「集いの茶がゆ」と名前を付けた。南部梅林、岩代大梅林のチラシも配布。チラシの一部には当たりの印を書き込んでおり、当たった来場者には救助隊のシールを張った梅干しのパックをプレゼントした。そのほかつぼみをつけた梅の枝、日高川町の農家から善意で届けられたミカンも配った。尾崎隊長は「イベントを通じて人とのつながりができた。阪神大震災の犠牲を無駄にすることなく、発生が予想されている南海トラフの巨大地震に対応することが大切」と話していた。
 阪神淡路大震災は平成7年1月17日に発生。震度7の揺れを観測し、マグニチュードは7・3を記録した。兵庫県を中心に被災し、死者6434人、行方不明者3人、負傷者4万3792人が出た。

関連記事

フォトニュース

  1. クリスマスまで点灯します

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る