やる気が増す人事制度

 中央紙に会社の珍しい取り組みや制度を紹介する連載があり、いつも読ませてもらっている。先日は社員のモチベーションがアップする「人事制度」が取り上げられており、実に面白いと感じた。
 飲食店などのお試し予約サイトを運営する会社の人事制度。記事によると、「同僚のいいところを見つけ、その人にバッジをあげる」という方法で社員の評価につなげる。バッジは計20種類、1カ月につき他人に贈れるのは一般社員が20個、経営陣は40個まで。「絆」「熱血」「アイデア」などがあり、結果だけでなく仕事への取り組み姿勢なども対象になる。半年に1回の査定で昇給や昇格に影響する。幹部や上司以外にも全同僚が評価を行うため、高い公平性が保たれるというのが長所。どこかで聞いた、「ありがとう」と感謝の気持ちを互いに示し合える会社は業績がいいという話を実践しているかのようで、実際に同社でもたくさんのバッジを獲得した社員が多いほどその部署は高い売り上げを記録しているらしい。
 3年ほど前、観光施設に宿泊した際、チェックイン時にコインのようなものを配布され、サービスがよかったと思う従業員へ渡してもらえるよう求められた。いま思えば、それも人事評価の制度だったのかもしれない。上司だけでなく顧客の視点も自分の評価に加わればより一層気が抜けなくなるが、やりがいは増すだろう。
 モチベーションが上がると、人が変わったような働きを見せるというのはよくある話。幹部も上司も同僚も関係なく感謝の気持ちを表したり、きちんと長所を褒め合えるようになるだけで組織は変わる可能性がある。できることから実践してみようと思う。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る