日高病院ががん患者サロン開設へ

 御坊市の国保日高総合病院(東克彦院長)は今月から毎月1回、日高地方の医療機関では初となる「がん患者サロン」を開設する。がん患者と家族が集い、不安や悩みを語り合い、同じ経験をした仲間同士で気持ちを共有、安らげる場にすることが目的。日時は第3木曜の午後2時から4時まで、第1回は16日となり、他の病院で治療を受けている人と家族も参加できる。
 がん患者サロンとは、患者と家族に対する精神面を中心としたケアの充実を目的とし、参加者が互いに不安や悩みを語り合い、少しでも気持ちが明るくなるよう、日高病院地域医療連携室の社会福祉士ら専属スタッフが気持ちに寄り添いながら対応。普段の診察室や家庭ではできない、しにくい話も気軽にできる場として、医師や看護師らもできる限りサポートする。
 県内ではすでに、がん診療連携拠点病院の県立医科大附属病院(和歌山市)、日赤和歌山医療センター(同)、公立那賀病院(紀の川市)、橋本市民病院、社会保険紀南病院(田辺市)、独立行政法人国立病院機構南和歌山医療センター(同)の6病院に開設されており、中紀唯一の県指定がん診療連携推進病院である日高病院も、診療管理棟の建て替えを機に準備が完了。今月からスタートすることになった。
 サロンの場所は、病院正面玄関を入ってすぐ左にある地域医療連携室の隣。すべてのがんの患者と家族を対象に、日高病院以外の患者と家族、過去にがんを経験した人も対象とする。参加費、申し込みは不要、出入りは自由。地域医療連携室の社会福祉士、楠本祐史さん(30)は「がんの患者さんは病気に対する大きな不安があり、家族に心配かけまいとして、家ではなかなか思いを口にできず、それが逆に家族の不安となっている場合もあります。サロンでは病気と治療のことを中心に、医療や食事の情報を交換、世間話も自由にしながら、同じ病気と闘う人、それを支える家族の方が少しでも前向きに、気持ちが軽くなる場にできればと思います」と話している。
 問い合わせは地域医療連携室がん相談支援センター℡0738―24―1786。

関連記事

フォトニュース

  1. ながらはアカンよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る