みなべで昭和と現在の写真展

 みなべ観光協会(植田英明会長)は10日から3月2日までの約2カ月間にわたり、町内の商店街など38店舗に昔懐かしい風景写真と現在の風景写真を並べて飾る「みなべまちなかミュージアム」を開催する。商店街の活性化、観光客の誘致が狙い。同協会では「ちょうど観梅シーズンにも重なる。みなべ町に来た時はぜひ立ち寄って観賞してもらいたい」と話している。
 まちなかミュージアムは昨年3月に1回目を開催し、商店街の各店舗が江戸時代から昭和にかけて使用していた道具などを展示。10月から2回目の展示を行い、懐かしの映画ポスターを各店舗に飾った。今回は3回目で、昭和初期から中期にかけての風景写真を中心に展示する。町史や村史に掲載されている写真などで、開通当時の南部駅(昭和6年)、南部川の鉄橋を渡る蒸気機関車(同6年)、木を架けただけだった閉谷橋(同初期)など。それぞれ同じ場所の風景を撮った現在の写真も並べ、移り変わりが一目で分かる写真展となる。商店街の協力店舗のほか、宿泊施設でも展示する。観光協会は「懐かしい写真がいっぱいあります。ぜひ、大勢の人に写真を見ながら町中を歩いてもらいたい」と話している。展示場所は次の38カ所。
 舛井商店(北道)、家具のえのき(同)、小川スタジオ(同)、西山マート(同)、かつら堂(同)、大孫商店(南道)、カノコ屋(同)、寺本ニコニコ屋(同)、ちぐす屋(同)、フードショップたにぐち(同)、高垣酒店(北道)、井川仏壇店(同)、半六わたふとん店(同)、九谷呉服屋(同)、伊藤化粧品店(同)、山﨑秋芳園(同)、カネワカ商店(同)、花みつ(同)、まえかわ(同)、ナニワ薬局(同)、メンズショップタケダ(同)、男子専科いのうえ(同)、おおぐす薬局(同)、野村酒店(同)、冨士ふとん店(同)、メガネの松原(同)、みさき堂(同)、福荘(同)、安村商店(芝)、しんぞう進物店(芝)、うえだ(芝)、熊平の梅みなべ店(気佐藤)、紀州梅苑(南道)、ぷらむ工房(晩稲)、カフェ・ド・マンマ(埴田)、国民宿舎紀州路みなべ(埴田)、紀州南部ロイヤルホテル(山内)、道の駅うめ振興館(谷口)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の環境を守ろう!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る