世界を学ぶ前に日本の歴史を

 現在、選択制の高校の日本史を必修化とする方向で政府の検討が進んでいる。「海外で活躍する日本人が増えるなか、自国の歴史を十分に学び、理解している人材を育成すべき」との判断から、今夏にも文科相が中教審に諮問し、早ければ5年後から必修科目になるという。すでに必修化されている世界史を学ぶ前に、自国の歴史を正しく理解する必要がある。
 そんな記事を読みながら、県立高校3年の息子に日本史の教科書を見せてもらった。たしかに、憲法学者の竹田恒泰氏が嘆く通り、教科書は考古学的な石器時代の遺跡の紹介から始まり、親の自分も高校生のころ、疑いもなく日本史として習った中国の歴史書「魏志倭人伝」の邪馬台国などの記述から、日本の国が形づくられる。
 最初に登場する天皇は5世紀後半のワカタケル大王、雄略天皇。西暦紀元前660年に即位したといわれる初代神武天皇からかぞえて21代目で、非科学的な神話は歴史学に値しないのか、神武天皇即位から始まる日本国の成り立ちはざっくり削られている。これは明らかに戦後、GHQが進めたWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)による思想改造の一環。竹田氏は、GHQのじつに巧妙な長期的策略だと指摘する。
 重要なのは、ペリー来航から急速に近代化を成し遂げた明治維新までの流れで、日清、日露を経て、日本がなぜ対中、対米戦争へと突き進んだのか。いまの政治、外交に直結する近現代史が、授業ではお茶漬けをかき込むように、駆け足で流されている状況はいまも変わっていない。
 現実、日本がアメリカと戦争をしたことすら知らない大学生もいるという。日本史の必修化はもちろん、教科書の中身の見直しも必要である。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る