地域活性化へ攻め年に

 アベノミクスの3本の矢の効果で昨年暮れから都心部の大手企業では給料やボーナスアップなど、景気のいいニュースが見られるようになってきた。その効果が地方にもことしから徐々に出てくるそうだが、それを確実に実感するためには企業のやる気、努力しだいだという話を聞いた。
 さて、筆者が担当する御坊市はというと、ことしが市制施行60周年の節目。平成27年の国体に向けたプレイベントが5月から始まる年でもあり、御坊のアピールと誘客につなげる絶好のチャンスとなる。厳しい財政状況の中で何でもかんでもできるわけではないと思うが、ぜひ記憶に残る事業を展開してもらいたい。
 また、これは御坊に限らず日高地方や和歌山県全体に通じることだが、「観光」をキーワードにした地域活性化の可能性が一層強まっているように感じる。特にことし2月11日に和歌山市内で催される国内観光フォーラムが大きなチャンス。観光関係者ら1万人規模の集会になる予定で、この機会に県内の市町村は自分たちのまちの魅力をアピールするとともに、独自のサービスを用意して観光客を確保する努力をしてほしい。すでに御坊市商店街は紀州鉄道と連携した割引サービスなどのイベントも行っており、こういった取り組みが拡大していくことを期待している。
 このようにさまざまな可能性があることしは、経済発展、観光振興、地域活性化などの飛躍に大いに期待するところではある。しかし、いずれも現状のままで何もしないようでは、「棚ぼた」は恐らくない。だからこそ、いままで以上に知恵を絞って汗をかき、攻めの年にしていきたいものである。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る