日々成長の1年に

 昨年暮れの有馬記念を8馬身差でぶっちぎり優勝した競走馬、オルフェーヴル。有終の美を飾ってまさしく歴史にも記憶にも残る名馬となった。
 名馬と呼ばれる場合、どのレースでも圧倒的なパフォーマンスを見せつけてきた馬がほとんど。近年では14戦12勝、史上2頭目の無敗での牡馬クラシック3冠馬のディープインパクトが真っ先に思い浮かぶところだろう。オルフェーヴルという馬は、同じ3冠馬といってもディープインパクトとは少し戦いぶりが異なる。デビュー戦を快勝したあと、2走目は2着と取りこぼし。初重賞挑戦の3走目には10着と大敗を喫した。そのネックになったのが激しい気性。騎手を振り落とすシーンも何度かあり、とくに新馬戦直後は記念撮影もできなかったほどだったとされる。激しい気性が出世を妨げ、レースで実力を出し切れなかった。3歳春になって、ようやく素質が開花。その後も何度か凡走はあったものの、フランスで行われる世界最高峰のレース、凱旋門賞で2年連続2着などと輝かしい戦績をマークした。
 デビューから連勝街道を突き進むエリート馬も嫌いではないが、個人的には調教やレースを重ねて着実に強くなっていくオルフェーヴルの方に親しみ、愛着を感じる。買ってしまった日から型遅れになっていく機械と違い、生き物は老化しても進化、進歩していくから素晴らしい。自分自身に、年齢を重ねるたびに成長していかなければと改めて感じさせてくれる馬だった。
 午年のスタート。うまつながりでつづっただけではない。この1年、失敗はあってもいろんなことに挑戦し続け、最後に記憶にも成績にも残るように頑張りたいと誓いを新たにしている。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る