日々成長の1年に

 昨年暮れの有馬記念を8馬身差でぶっちぎり優勝した競走馬、オルフェーヴル。有終の美を飾ってまさしく歴史にも記憶にも残る名馬となった。
 名馬と呼ばれる場合、どのレースでも圧倒的なパフォーマンスを見せつけてきた馬がほとんど。近年では14戦12勝、史上2頭目の無敗での牡馬クラシック3冠馬のディープインパクトが真っ先に思い浮かぶところだろう。オルフェーヴルという馬は、同じ3冠馬といってもディープインパクトとは少し戦いぶりが異なる。デビュー戦を快勝したあと、2走目は2着と取りこぼし。初重賞挑戦の3走目には10着と大敗を喫した。そのネックになったのが激しい気性。騎手を振り落とすシーンも何度かあり、とくに新馬戦直後は記念撮影もできなかったほどだったとされる。激しい気性が出世を妨げ、レースで実力を出し切れなかった。3歳春になって、ようやく素質が開花。その後も何度か凡走はあったものの、フランスで行われる世界最高峰のレース、凱旋門賞で2年連続2着などと輝かしい戦績をマークした。
 デビューから連勝街道を突き進むエリート馬も嫌いではないが、個人的には調教やレースを重ねて着実に強くなっていくオルフェーヴルの方に親しみ、愛着を感じる。買ってしまった日から型遅れになっていく機械と違い、生き物は老化しても進化、進歩していくから素晴らしい。自分自身に、年齢を重ねるたびに成長していかなければと改めて感じさせてくれる馬だった。
 午年のスタート。うまつながりでつづっただけではない。この1年、失敗はあってもいろんなことに挑戦し続け、最後に記憶にも成績にも残るように頑張りたいと誓いを新たにしている。  (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る