パワースーツに期待

 和歌山大学と県の研究チーム、和高専が共同で「農業用アシストスーツ」の研究開発に取り組んでいる。先日、有田川町で行われた実証試験を取材した。スーツは手袋と靴に取りつけられたセンサーが、物を持ち上げるなどの動作を感知し、内蔵モーターが足腰にかかる負荷を軽減。10㌔分の重量をカバーする能力がある。
 試験では20代の女性が装着したが、約20㌔あるコンテナを2箱重ねても軽々持ち上げるなど、効果を確認。実際、そばで見ていたが持ち上げる初期動作をカバーしてくれるらしく、コンテナを持つと同時にすーっと腰付近まで自動的に持ち上がっている感じだった。このほか坂道を登る際にもアシストしてくれるという。まだまだスーツそのものの重量や作業の妨げにならないくらいのスリム化などが課題だが、2年後に1台100万円程度での販売を目指している。普及すれば、農業に携わる高齢者や女性の強い味方となりそうだ。またこのスーツ研究・開発は農林水産省からの委託プロジェクトとなっており、農業での用途を想定しているが、これらの機能はさまざまな分野でも応用できそうだ。介護や医療など力が必要な業種を中心に各分野へ広がっていくだろう。
 同様のスーツは和大の研究チームだけでなく、全国的に取り組んでいる企業や大学もあり、すでにリース・販売なども始められている。いろんなスーツを見てみても、まだスーツというより機械を装着するような感じだが、今後、さらに軽量化とスリム化が進み一般にも普及し、「一家に一台パワーアシストスーツ」という時代が来るのかもしれない。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る