南高野球部 井戸前監督の慰労会に100人

 南部高校硬式野球部の井戸大志前監督(62)の勇退謝恩慰労会が3日に紀州南部ロイヤルホテルで開かれた。教え子らのプロ野球選手・元選手らも出席し、約100人のOBが思い出を振り返りながら功績をたたえた。井戸前監督は昭和56年から昨年まで32年間の監督生活を振り返り、「人に恵まれ、人のつながりに支えられた。それが財産」と感謝の言葉を述べた。
 井戸氏は南部高校から東海大学に進み、卒業後は教師に。南部高校には昭和53年に赴任し、コーチ、部長を経て昭和56年8月に監督に就任。以後、昨年夏の大会まで32年間にわたって監督を務め、「イドカン」の愛称で住民や関係者から親しまれた。
 慰労会ではOB会会長の畑崎周定さんがあいさつし、「南部高校は過去に、夏2度、春4度の計6度甲子園に出場している。そのうち井戸監督は4度。たくさんの功績を残していただいた」と述べた。小谷芳正町長は「南部高校は南高梅の生みの親。甲子園出場を通じて、特産の梅を広めてくださった」とし、第3期生の三前洋さん、元阪神タイガースの上田二朗さん、女優の吹石一恵さんの父親で近鉄バファローズで活躍した吹石徳一さんも祝辞した。葛城洋部長から花束が贈られたあと、プロ野球選手では現広島カープバッテリーコーチの植田幸弘さん、元巨人軍の谷浩弥さん、元阪神タイガースの浜中治さん、ヤクルトスワローズの山本哲哉選手が、井戸氏との思い出を振り返りながらメッセージを送った。
 井戸氏は「監督生活は長いようでほんの一瞬だった。道半ばではないが、自分たちの時代は終わったという気持ちもあり、引退を決意した。以前甲子園に出場した時には、マスコミに『みなべ』ではなく『なんぶ』と読まれたことがあり、それが発奮材料となった」と振り返り、「いろんなことがあり、いろんな人との縁も生まれた。素晴らしい選手や先輩に恵まれ、町民の皆さんにも声援を送ってもらった。それが私にとって財産となっている」と感謝の思いを述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る