寒い日の夜空は美しい

 12月も中旬に入り、寒気が一層厳しさを増している。夜など、車を降りた瞬間に突風に吹きつけられて立ちすくむ。だが家に駆け込む前にふと顔を上げると、晴れ渡る夜空の美しさに立ち尽くす。この季節ならではの自然の贈り物だ。
 晩秋から冬にかけての夕暮れ時には、西の空に浮かぶ雲は春や夏とは違って陰影がくっきりと、不思議に立体的に見える。壮大な構築物のようにも見え、日常的なのにドラマチックな空の風景に見とれる。そして宵闇が迫ると、一際明るく輝く金星が登場。明けの明星、宵の明星として親しまれ、平安時代には「夕星(ゆうづつ)」という美しい名で呼ばれたこの星は、実は今が「見頃」だという。
 先日から金星の明るさがただ事ではないような気がしてネットで調べてみたところ、今は特に光度が増しているということで、先週の土曜日には最大光度だったそうだ。マイナス4・7等星となり、1等星の160倍の明るさ。ちょうど三日月と並ぶ位置にあるところも見ることができた。絵画のような美しさだった。
 「木枯らし途絶えて冴ゆる空より/地上に降りしく奇(くす)しき光よ/ものみな憩えるしじまの中に/きらめき揺れつつ星座はめぐる」…文部省唱歌の「冬の星座」にあるように、りんと澄みわたる大気は星々の光を真っすぐに地上に届けてくれる。寒ければ寒いほど、夜空は一層美しく見えるような気がする。悪いことと良いことが背中合わせにあることの象徴のようにも思える。
 ことしの冬は、昨年に続き厳冬だという。美しい夜空、おいしい鍋物など冬ならではの楽しみもあるが、とりあえずは万全の体調管理を心がけながら、寒さと多忙に負けず年末を乗り切りたい。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る