寒い日の夜空は美しい

 12月も中旬に入り、寒気が一層厳しさを増している。夜など、車を降りた瞬間に突風に吹きつけられて立ちすくむ。だが家に駆け込む前にふと顔を上げると、晴れ渡る夜空の美しさに立ち尽くす。この季節ならではの自然の贈り物だ。
 晩秋から冬にかけての夕暮れ時には、西の空に浮かぶ雲は春や夏とは違って陰影がくっきりと、不思議に立体的に見える。壮大な構築物のようにも見え、日常的なのにドラマチックな空の風景に見とれる。そして宵闇が迫ると、一際明るく輝く金星が登場。明けの明星、宵の明星として親しまれ、平安時代には「夕星(ゆうづつ)」という美しい名で呼ばれたこの星は、実は今が「見頃」だという。
 先日から金星の明るさがただ事ではないような気がしてネットで調べてみたところ、今は特に光度が増しているということで、先週の土曜日には最大光度だったそうだ。マイナス4・7等星となり、1等星の160倍の明るさ。ちょうど三日月と並ぶ位置にあるところも見ることができた。絵画のような美しさだった。
 「木枯らし途絶えて冴ゆる空より/地上に降りしく奇(くす)しき光よ/ものみな憩えるしじまの中に/きらめき揺れつつ星座はめぐる」…文部省唱歌の「冬の星座」にあるように、りんと澄みわたる大気は星々の光を真っすぐに地上に届けてくれる。寒ければ寒いほど、夜空は一層美しく見えるような気がする。悪いことと良いことが背中合わせにあることの象徴のようにも思える。
 ことしの冬は、昨年に続き厳冬だという。美しい夜空、おいしい鍋物など冬ならではの楽しみもあるが、とりあえずは万全の体調管理を心がけながら、寒さと多忙に負けず年末を乗り切りたい。     (里)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る