人々が集い魅力ある産品所に

 日高川町の美山地区特産のごんちゃん漬け。自然の中で採れたごんぱちを秘伝の方法で加工した商品。一度食べたら止まらなくなる味で、筆者も大好き。ごんちゃん漬けは、地元の主婦グループが、酸っぱさの除去と長期保存の方法など試行錯誤を重ねながら3年の歳月をかけて商品化、昭和63年に椿山ダムのふもとに産品展示販売所がオープンすると大人気。各方面から問い合わせが
殺到するなど反響を呼び、今も変わらぬ人気商品。
 そんなごんちゃん漬けを販売していた産品所は、地盤沈下の影響でことし2月から閉鎖している。施設ではオープン以来地域の人らが手掛けたごんちゃん漬けのほか、ジャムやアイス、佃煮、みそ商品など加工品を中心に販売。平成7年度には4万人以上が訪れ、売上は6400万円にも達した。
 産品所の代替施設について、これまですったもんだ。昨年には町が道の駅構想を提案するも議会にケッチンをくらったこともあったが、ようやく前進した。ことし5月に就任した市木久雄町長の諮問機関が場所や運営方法など意見をまとめて、市木町長に答申した。これを基に事業設計、27年度内のオープンを目指す。旧施設では、近隣に類似施設ができたことなどで近年売上は芳しくなく、近隣施設も好調とまでは言えないようだ。取り巻く環境はいいとは言えないが、地域振興と活性化を担う施設でもある。諮問機関の中には売り上げ面もやり方しだいと手応えを感じている委員もいる。順調な業績となることを期待しつつ、答申内容にもあるように、地域の情報発信基地で地域活性化の施設、さらには人々が集い語らい、利用者を配慮した本当に魅力あふれるよりよい施設となることを願う。   (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る