政治に必要なのは住民の信用

 「政治に必要なのは十分な食糧、十分な軍備、そして住民からの信用」。以前にこの欄で少し触れたこともあるが、こう説いたのは紀元前約500年に生きた中国の思想家、孔子である。さらに孔子は弟子の子貢に「その中で最も必要なものは何か」と問われ、「国民からの信用である」と答えたという。
 それから2000年が経過したいまの時代も同じである。東京都知事だった猪瀬直樹氏が医療法人「徳洲会」から5000万円を受け取ったとして退任した。説明のつかない資金の授与があり、住民の代表でもある議員から退任が突きつけられた。つまり民信を失ったといえる。このような事例は今回に限らず山ほどあるが、住民の信用が得られないとトップでも辞職に追いやられるという一例だろう。
 みなべ町議会で去る20日に議案審議が行われ、2議案が否決となった。職員の再任用に関する条例改正と国民宿舎紀州路みなべの指定管理者に関する案件である。再任用については公的年金の受給年齢が段階的に伸びるのに伴って無給期間となる退職職員を救済するために再雇用するという制度で、日高郡の6町が協議を重ねて12月議会で足並みをそろえて提出した議案だった。他5町では美浜町が委員会付託となったが、4町は原案通り可決した。
 みなべ町議会では議員から「旧南部町と旧南部川村が合併して9年になるが、この間に職員の不祥事が相次いだ。住民からは『役場職員は気楽でいい。自分のことだけか』という声も聞く」という意味合いの発言もあった。議員は住民の代弁者といわれることもある。行政に対する住民の信用が今回の否決に少なからず影響したのではなかろうか。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 春告げるツクシがニョキッ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る