反省から飛躍の年へ

 年のせいか、時間に追われる仕事をしているせいか、ことしもあっという間の1年だった。振り返る間もなかったのであらためて思い返してみると、酷暑、竜巻、勢力の強い台風などによる大雨。日本全体が自然災害に見舞われたことが頭に思い浮かぶ。これら異常ともいえる災害は10年ほど前には外国で起こるような災害だったように思う。そう考えると、新たな脅威といえるだろう。災害といえば大地震、津波がいわれがちだが、台風や竜巻はこれからも毎年のように起こる可能性がある身近な脅威。経験しただけで終わらず、学んだことを生かしていかなければならない。
 日高地方はどうだったろうか。まちの活性化や新しい産物の創出、防災対策などなどそれぞれに前に進んだ事業やコツコツと努力を積み重ねた方々もたくさんいるだろう。ただ、経済に回復感は感じられず、アベノミクスなどどこの国の話なのかと思えてくる。月並みだが、例え世の中の景気が良くなってきたとしても個人の収入が増えなければなんの意味もない。デフレからインフレへ、なんて話も聞かれる昨今、おいてけぼりをくらっているようで不安になってくる。来年は、こんな一般住民の心配を払拭してくれるような1年になることを、とくに国会議員の皆さんには期待する。
 さて、筆者の1年はどうだったか。健康で過ごせたことに幸せを感じつつ、仕事は日々こなすのに必死で、何かを学んだかといわれると反省の言葉しか出てこない。個人的なことしの漢字は「省」だろうか。何が足りなかったのか己を省みて、今後へとつなげていかなければ。来年は馬のごとく「跳」の年に。そんな気持ちで頑張りたい。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る