御坊の小竹八幡神社に大絵馬

 日ごとに年の瀬の慌ただしさが増すなか、御坊市薗の小竹八幡神社(小竹伸和宮司)に13日、来年の干支の午(馬)を描いた大絵馬が奉納された。氏子の会社員木村洪平さん(49)が描き、平成14年の午から初めて2巡目に突入。「神様に奉納させていただく絵馬ですので、やさしく穏やかな親子の馬を描きました」という。
 大絵馬の奉納は、木村さんの大叔父で、元御坊市教育委員の山中襄さんが同神社遷宮300年の昭和52年から始めた。その後、木村さんの父で御坊市教育長を務めた靖夫さんが引き継いだが、靖夫さんが病気で亡くなったため、平成14年の午から洪平さんに絵筆が受け継がれた。
 今回は前回とは逆に、「ひだりうま」と呼ばれる右向きの白馬の親子。「うま」を逆さに読むと「まう」となり、めでたい席の舞を思い起こさせる縁起のよい文字といわれていることから、言葉と同じく左から右向きに歩く馬を描いたという。
 絵馬の祈祷のあと、工作を担当した御坊市薗の塩﨑建築代表、塩﨑弘直さん(51)の手で本殿わきに設置が完了。木村さんは「黒い馬は雨、白い馬は晴れ間を呼ぶともいわれ、明るい新年を願って描きました。13年前の馬と比べて、少しだけ画力が上がったかな」と笑顔、小竹宮司(44)は「毎年、木村さんの新しい絵馬を見て師走を実感します。今回もすばらしい絵を描いていただき、ありがたいです」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る