美浜の吉原公園 窃盗や嫌がらせ相次ぐ

 美浜町の松林内にある吉原運動公園で11日、駐車場わきのグレーチング(鉄製の溝蓋)1枚が盗まれる被害があった。先月には公園南側の歩道に設置している擬木丸太が盗まれ、その数日後には公園内の人気遊具のすべり台に人糞が塗りつけられるという異常な嫌がらせも。教育委員会は御坊署に通報、巡回強化を要請するとともに、職員による見回り、監視を強化するとしている。
 公園は約6300平方㍍の広さがあり、テニスコート2面、ゲートボールコート2面のほか、公衆トイレ、アスレチック遊具9基、休憩施設4カ所などを備え、平成7年4月にオープンした。朝から夕方まではテニスやゲートボールを楽しむ人、散歩をする人などが訪れ、休日には家族連れらでにぎわう憩いのスポット。その半面、夜になれば人目につかないため、たばこを吸ったり花火をしたり、ごみをまき散らかして帰る若者もおり、遊具を壊されたりトイレのドアに落書きされるなどのいたずらが後を絶たない。
 今回盗まれたのは公園西側の駐車場わきに設置しているグレーチングで、長さ約1㍍、幅約30㌢の1枚がなくなっているのを教委職員が見つけた。先月下旬には公園南側の進入路から遊具のある広場中央までの歩道に設置している長さ約1・5㍍、直径約10㌢の擬木丸太6本が何者かに持ち去られ、その数日後には子どもに人気の大型すべり台の内部の壁に人糞が塗りつけられ、周辺の木の枝に塗った際のティッシュがぶら下げられるという異常な嫌がらせもあった。
 教育委員会は「いつでもどこからでも入ることができ、夜は人目にもつかないので、悪さをしようと思えば簡単にできてしまう。人員、予算も限りがあり、はっきりいって防ぎようもないが、警察とも連携して職員の見回りを強化していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年は48輪咲きました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る