御坊幼は毎月1回訓練

 もはや巨大地震や津波に対する訓練の重要性は嫌というほど叫ばれ、だれしも理解していることだと思うが、筆者は御坊幼稚園の訓練を取材して、その思いを一層強くした。
 同園では防災教育活動の一環で毎月1回、さまざまな工夫や試行錯誤を繰り返しながら訓練を行っている。先日の訓練では、約700㍍離れた御坊小学校まで避難したが、歩くのが遅い2歳児をリヤカーに乗せて、隊列が乱れやすい年少児は1本のロープを握ってそれぞれ避難。同小学校の3階に到着したのは地震発生から15分後で、大きな被害が予想される津波襲来の27分後には間に合った。訓練中は教諭らも本番さながらに真剣な表情できびきび動き、どこかの和やかに歓談しながら避難する訓練とは大違いである。
 そんな訓練の中で毎回、園児たちが着用しているのがライフジャケット。仮に津波にのまれても浮いていれば助かる可能性があるということで、東日本大震災以降注目されている。ただ、ライフジャケット着用には、一部に「着用に時間がかかり、避難開始が遅くなる」との心配の声もある。ところが、この御坊幼稚園の訓練を見る限り全くそんなことはない。園児たちはスムーズに着て、次の避難行動に移っている。
 もちろん、船舶用のライフジャケットとは違い、簡単に着用できるように工夫はされているが、何よりも毎月1回の訓練で園児たちが着用に慣れていることが大きく、もはや一連の避難行動が体に染み付いているといった感じ。この例を一つ取っても定期的、継続的な訓練の大切さがよく分かるわけで、同園の取り組み姿勢に感心させられる。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る