印南中に津波ぼうさい賞

 子どもや学生の防災教育・活動を顕彰する「ぼうさい甲子園(1・17防災未来賞)」(兵庫県、毎日新聞社など主催)で、印南町の印南中学校(片山隆校長)の3年生でつくる津波研究班が「津波ぼうさい賞」を受賞した。中学校の受賞は県内で同校のみで、4年連続の入賞となった。
 同校では、平成17年度から3年生の選択科目で津波防災について研究。和高専から提供を受けたコンピューターデータをもとに印南港だけで津波が高くなる原因を調査したり、過去の地震を教訓にした紙芝居などを作製してきた。
 今回のメンバーは堀雅実さん、櫨畑諒乃さん、岡本佳薫さん、古田一真君、湯川誉志君(いずれも3年)の5人。これまでのデータを参考に、「マグニチュード9・0南海トラフ地震の津波第一波はいつどこから浸入してくるか」をテーマに研究。これまで作製した30秒ごとの浸水予測図と印南地区の地図を照らし合わせて調査。その結果、地震発生から22分30秒後に光川と本郷で浸水が始まり、30秒後の23分には地方(あげ)でも浸水。さらに浜西、宇杉などの浸水予測時間や水が引き始める時間も調べた。また浸水が予想されている地域の避難道路の状況を調べるために、生徒たちが実際に現場に行き、道幅やブロック塀の有無を調査したほか、分かりやすくするため生徒がリポーターとして登場する動画も撮影した。最後に「津波が浸入してくるペースは思いのほか速く、水路や溝からも浸入してくることが分かった」などと締めくくった。研究班を代表して堀さんは「現場に出て道幅やブロック塀を調べる作業が大変でしたが、取り組んできたことが評価されてうれしい。研究を通じて自分たちの避難の参考にもなり、また多くの人に結果を知ってもらいたい」と話し、担当の阪本尚生教諭(58)は「少ない人数でよく頑張りました。この結果は地域の避難において有効な情報になると思います」と話している。研究結果は14日の同校文化祭で発表する。
 中学生の部門には32校が応募。印南中は過去3年間奨励賞に選ばれている。

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る