御坊の紀南電設 ミャンマーで技術者養成へ

 JICA(国際協力機構)の草の根技術協力事業を活用して御坊市湯川町小松原、紀南電設㈱(林惠一代表取締役)が、年明けからミャンマー連邦共和国(旧ビルマ)のタライミ村で太陽光発電施設の設置、維持管理の技術者養成を行うことが決まった。太陽光発電施設設置の実績がある紀南電設の社会貢献の一環で、同様の国際支援は県内では初めて。
 JICAの草の根技術協力事業は、自治体またはNGOの事業提案を受けて外国にさまざまな技術支援や資金的な援助を行うのが目的。今回の太陽光発電施設に関しては、和歌山県が事業提案者となり、ことし6月からミャンマーにコンサル業務を行う支店を新設するなどすでに現地の電気技術発展のための事業展開を進めている紀南電設が事業実施団体となる。
 ミャンマーは、東南アジアに位置する共和制国家。国内の7割が大規模発電施設の対象とならない無電化地域で、タライミ村もその一つとなっている。草の根技術協力事業では、全400世帯にそれぞれ太陽光発電パネル1枚、屋内にLED照明の直管型2本と電球1個を設置し、自然エネルギーを活用した電力の普及を目指す計画。紀南電設は来年1月から26年度末までに、現地の若者5人と電気工事関係者2人、政府関係者3人を対象に御坊の本社や現地での研修を行い、実際に工事を進める中でも設置や維持管理の技術を指導する。予算は3000万円でJICAが負担する。ミャンマー政府の畜水産地域開発省地域開発局では、27年末までに国内無電化地域の約半分を電化する計画で、タライミ村の電化をモデルにしたい考えもある。林代表取締役は「ミャンマーの国民の方々に日本の技術で少しでも豊かな暮らしができるようお手伝いできればと考えています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る