遊休地解消へ新JAに期待

 千両の実が色づき、葉ボタンも収穫時期を迎え、取れる農作物が師走に入ったことを感じさせてくれる。いまさらいうほどでもないが、日高地方は農業が盛んな地域で、南高梅やミニトマトなど全国に誇るブランド品もたくさんある。それでも後継者は減る一方で、耕作放棄地が増えている。この負の連鎖はとどまる気配がない。このまま農業は衰退していってしまうのだろうか。農業とは、人が生きていく上で必要な食料などを生み出す、人間の基幹産業といえるだろう。衰退は人の生活を脅かすことにつながる。
 筆者の実家も農業を営んでいる。とはいえ、母が一人で豆や花を作っているので、耕作面積を増やすだけの労力はなく、耕作放棄地も抱えている。農業の衰退などと偉そうなことを言っても、改善するのは難しい。トラクターもかなり古くしょっちゅう故障するが、簡単に買い替えられる金額ではない。新しく購入しても、後継者がいなければ採算が取れない。機動力が鈍ると生産力が低下、ひいては生産意欲の低下にもつながる。これが地域農業が抱えている現実的な問題なのだ。
 日高地区の3JAが来年4月に合併することがほぼ決まっている。生産者の所得を向上させるのがJAに課せられた大きな使命の一つで、生活の安定は若い担い手を増やすことにも直結する大切なことだ。ただ、それだけで課題が解決するわけではない。新たに就農する人材を育てることと、就農しやすい環境を整えることが必要。都会からIターンして農業を志している人もいるだろう。受け入れる窓口や態勢づくりに,JAが行政と連携して一層リーダーシップを発揮してくれることを期待する。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る