日高川の道の駅にEV充電システム

 全国47都道府県の道の駅に大手自動車メーカー日産自動車㈱(横浜市本社、カルロス・ゴーン社長)が電気(EV)自動車と電力供給システムを無償で提供する「道の駅EV活用プログラム」で、県内から日高川町船津の道の駅SanPin中津が選ばれた。施設は災害時の停電にも対応できるようになり、防災拠点としての機能性が向上、環境に優しいまちづくりにも期待される。10日午前11時半から同社や町関係者ら出席のもと設置式が行われる。
 日産のプログラムでは、災害時の対応や低炭素社会の実現、地域産業や観光振興などに貢献しようと全国の自治体に公募。47都道府県各1カ所、計47カ所の道の駅が選ばれ、電気自動車「日産リーフ」と電力供給システム「LEAF to Home」1セットずつを提供している。
 リーフは大容量の24㌔㍗アワーのリチウムイオンバッテリーを内蔵した電気自動車で、フル充電で約130㌔の走行が可能。一般家庭で約2日分の電力に対応できる。リーフを電力供給システムに接続することで、リーフに貯えられた電力を道の駅に供給できるようになり、災害時の停電や非常用電源として活用できる。通常時は、産品の集配やイベントなどに利用する。
 パワー電力供給システム「LEAF to Home」は道の駅の西側に設置。町内で初めての一般開放の充電ステーション(充電場所)で、リーフの場合だと家庭用の半分の時間に当たる約4時間でフル充電が可能。システムは道の駅利用者や町内宿泊施設利用者を対象に開放することにしている。
 事業費はリーフが378万4200円、電力供給システムと工事費が92万2950円(いずれも税込み)。
 日高川町では、バイオマスエネルギー事業を展開しているほか、本年度中に日高川交流センターに太陽光発電施設と蓄電池を設置することにしており、環境に優しい町づくりと災害時の防災拠点としての機能性の向上に努めている。

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る