美浜の小松さんが小学生に戦争語る

 真珠湾攻撃による日米開戦から72年となる8日を前に、御坊市の野口小学校(岡本邦男校長)で4日、美浜町和田の会社役員小松雅也さん(82)から戦争時代の話を聞く特別授業が行われた。
 小松さんは7つ上の兄、中西伸一さんが昭和20年5月、陸軍特別攻撃隊として、沖縄戦の敵艦体当たり攻撃で戦死(享年22)。自身は日中開戦の昭和12年に小学校へ上がり、20年の中学卒業まで9年間を軍国教育の中で育ち、現在は各地の小中学校や一般団体の平和学習、集会などで戦争の悲惨さを語り続けている。
 この日は6年生32人を前に、「赤紙」と呼ばれた召集令状、千人針、兄伸一さんの遺書、出撃前に撮影された遺影などを見せながら、先生の発言も授業の内容も戦争一色だった子どものころの学校の様子、特攻隊を志願して「国のために戦死した」伸一さんと家族の思い出を語った。
 「中学生のころは学徒動員で、御坊の石川島という戦闘機の部品を作る工場で働いていた。ある日、食堂で珍しく肉料理が出たが、それは噛み切れないほど硬く、あとで犬の肉だと知って驚いた」という話に子どもたちは顔をそむけ、食料と毛皮にするため飼い犬まで軍に供出させられていた今では考えられない70年前の日本人の生活を垣間見た。
 平和願う寄せ書き200人超す 小松さんは平成21年1月から戦争体験を語る講演に回るようになり、現在までに聴講者数は延べ3000人を突破。ことし8月には講演先の団体からハトの絵が描かれた大きな寄せ書き(布製)が贈られ、平和を願う大人と子どもたちが名前を書き入れており、その数は今回の野口小学校の児童も含めて200人を超えた。

関連記事

フォトニュース

  1. かわいいよ「子」

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る