4つの「みはま」町が災害時応援協定を締結

 「みはま」の名がつく全国4つの町の商工会関係者が集まり、交流するMIHAMA商工会サミットが三重県南牟婁郡の御浜町で開かれた。各町商工会の会長、町長らが参加して町の近況を報告し合い、4商工会は災害時相互応援協定を締結。県外の商工会同士の災害時応援協定は全国的にも珍しく、今後、それぞれの自治体も協定締結に向け検討していくことを確認した。
 13回目のことしは和歌山県美浜町、福井県美浜町、三重県御浜町、愛知県美浜町の各商工会役員、町長、商工観光関係課職員らが参加。はじめに御浜町商工会の宇戸平正敏会長、古川弘典町長が歓迎の言葉を述べ、来賓の愛知、和歌山、福井の各町長(福井のみ副町長)があいさつ。来春の消費税アップを控え、地方は一様にアベノミクス効果の景気回復を実感できないなか、各町商工会会長がそれぞれの近況を報告、独自の地域経済活性化策などの取り組みについて説明した。
 今回は昨年のサミット(和歌山で開催)で三重県商工会の宇戸平会長から提案のあった4町商工会の災害時相互応援協定の調印式も行われた。巨大地震など大規模災害発生時には生活必需品の提供、応急復旧活動支援、被災者の一時収容施設の提供などに連携協力するという内容で、宇戸平会長と和歌山県の橋本健治会長、愛知県の廣澤嘉成会長、福井県の国川清会長が協定書に署名。全国的にも珍しい府県を越えた商工会同士の災害時応援ネットワークが結ばれた。
 サミット終了後は分散会形式の意見交換会が開かれ、町長や職員が参加した行政グループでも災害時応援協定が話題となり、今後、各自治体間の協定も結ぶ方向で基本的な考えが一致。和歌山の森下誠史町長も「最近はゲリラ豪雨など局地的に大きな被害を受けることも多く、『みはま』の親戚同士、それぞれの行政も態勢づくりを進めていくのはいいことではないか」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る