県警年末特別警戒がスタート

 師走の事件事故抑止へ向けてパトロール態勢を強化する県警の年末特別警戒が1日からスタートし、御坊署は2日午後、出発式を行った。署員30人のほか管内で活動する自主防犯組織や交通安全関係、警察を支援する団体の代表ら約20人も参加。警察と民間が一丸となって防犯活動を展開し、安全・安心のまちを守っていく決意を新たに、パトカーや白バイが勢いよく街頭監視に出発した。
 同署玄関前に「特別警戒」の腕章をつけた署員30人が整列。北塩屋と北野口の自主防犯パトロール隊、少年補導員、日高地方民警連絡協議会、御坊地区警察官友の会、交通安全協会のメンバーが見守る中、筧一郎署長が「治安のバロメーターである刑法犯発生件数は、昨年同時期に比べてわずかに減っているが、出店荒らしや部品盗、振り込め詐欺など依然として高い水準で発生している。交通事故も死者が前年より増加しており、厳しい状況で師走を迎えた」と一層の防犯意識の高揚を訴え、「年末は人、物、金の動きが活発になり、事件事故が増える。ボランティア団体と連携を強化し、地域が一丸となって取り締まりや啓発に取り組んでいこう」と協力を呼びかけた。松本浩長刑事課長が「これから街頭監視に出発します」と力を込め、号令を合図に一斉にパトカー等に乗車。同署幹部や参加者に見送られながら白バイ、パトカー、自主防犯隊の青色パトカーが管内の交差点等を中心に街頭巡視に飛び出していった。
 ことし1月から11月末現在の管内刑法犯発生件数は422件で、前年同期比4件減とほぼ横ばい。11月は車上荒らしなどの窃盗事件が増えている。交通事故の累計は233件で前年同期比61件減と大幅に減っているが、死者は5人で3人も増えている。同署では今後、金融機関パトロールや昼夜を問わず多目的検問、重大事故抑止へ違反の取り締まりを強化していく。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る