県警年末特別警戒がスタート

 師走の事件事故抑止へ向けてパトロール態勢を強化する県警の年末特別警戒が1日からスタートし、御坊署は2日午後、出発式を行った。署員30人のほか管内で活動する自主防犯組織や交通安全関係、警察を支援する団体の代表ら約20人も参加。警察と民間が一丸となって防犯活動を展開し、安全・安心のまちを守っていく決意を新たに、パトカーや白バイが勢いよく街頭監視に出発した。
 同署玄関前に「特別警戒」の腕章をつけた署員30人が整列。北塩屋と北野口の自主防犯パトロール隊、少年補導員、日高地方民警連絡協議会、御坊地区警察官友の会、交通安全協会のメンバーが見守る中、筧一郎署長が「治安のバロメーターである刑法犯発生件数は、昨年同時期に比べてわずかに減っているが、出店荒らしや部品盗、振り込め詐欺など依然として高い水準で発生している。交通事故も死者が前年より増加しており、厳しい状況で師走を迎えた」と一層の防犯意識の高揚を訴え、「年末は人、物、金の動きが活発になり、事件事故が増える。ボランティア団体と連携を強化し、地域が一丸となって取り締まりや啓発に取り組んでいこう」と協力を呼びかけた。松本浩長刑事課長が「これから街頭監視に出発します」と力を込め、号令を合図に一斉にパトカー等に乗車。同署幹部や参加者に見送られながら白バイ、パトカー、自主防犯隊の青色パトカーが管内の交差点等を中心に街頭巡視に飛び出していった。
 ことし1月から11月末現在の管内刑法犯発生件数は422件で、前年同期比4件減とほぼ横ばい。11月は車上荒らしなどの窃盗事件が増えている。交通事故の累計は233件で前年同期比61件減と大幅に減っているが、死者は5人で3人も増えている。同署では今後、金融機関パトロールや昼夜を問わず多目的検問、重大事故抑止へ違反の取り締まりを強化していく。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る