盛り上げよう!駅前マーケット

 JR御坊駅前商店街などの地域活性化イベント「ごぼう駅前マーケット」が、今月1日に同駅前で行われた。「地元ならではの産物、技術、芸術、そしてそこで生まれたとびっきりの笑顔を1人1人自分自身の意思で発信しよう」というコンセプトの下、今回で5回目。それぞれの店の自慢の一品などが売られており、毎回、高校生の楽器演奏、ミニ鉄道体験、モトクロスの技術披露など、工夫を凝らして誘客のための努力もしている。
 ところが残念なことに、販売する側の参加店舗数の減少で最初のころのにぎわいがなくなってきたように思う。確か第1回では駅前一帯にずらりと店が並んでいたが、今回はほんの一角に店がある程度。苦労されている実行委員会のメンバーらには叱られるかもしれないが、 「きょうは本当に開催しているのかな?」と思ってしまった。年の瀬が迫ってきて各商店が忙しい中、今回は出店を見送ったという店舗もあると思うが、このままでは少々寂しいイベントに思える。
 しかし、御坊駅はバリアフリー化に向けて動き出しているし、平成27年には紀の国わかやま国体も控えて駅の利用客増加が見込めるため、地元の産物をPRするには駅前がうってつけの場所となる。さらに客を呼ぶためには、マーケットの開催日に御坊駅下車の観光ツアーの商品を作ってもらうとか、旅行企画会社にマーケットに立ち寄るツアーを組んでもらうとか、他の団体や機関と連携する方法もあると思う。 
 次回開催は来年1月26日。いずれにしても「継続は力なり」であり、今後も続けていただきたい。それには何よりも関係各店の意欲や熱意が大切で、さらなる奮起を。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る