年賀状印刷の営業通じて

 本社では、11月から年賀状印刷の営業を全社員で取り組むのが恒例となっている。親戚、友人、取材先、近所などでお願いし、ノルマの達成へあの手この手で奮闘する。
 平成8年の入社。当時と比べてパソコンが格段に普及している。さらに自分自身も3年前に結婚するまでそうだったのだが、若者には年賀状を送るという習慣がそもそもなく、メールなどで新年のあいさつを済ませる人たちが多くなり、年賀状印刷の営業は年々厳しさを増している。例年通りの顧客だけを回っていてもジリ貧状態に陥り、成績は右肩下がり。前年度の数字を維持しようと思えば必ず新規の顧客がかなり必要になり、頭を悩ませなければならない。
 成績を伸ばす特効薬なんてものはないが、常々心がけていることがある。取材と同じように営業へ行くと、それとなくお客さんの声を聞くようにしている。日ごろからのお付き合いで大切にしてもらって注文してくれる人がいれば、お年寄りの場合は内容の確認から配達まですべてやってくれるのがありがたいという声もある。そういう人たちをターゲットにすれば新たな顧客獲得につながるのだろうと次の営業に役立てられる。自分の会社の売りは何か、お客さんの望んでいるものは何か。両方をマッチさせることが一番重要なことと勉強になる。
 以前、POP研修の取材で、ただ単に「○○をやっています」と商いの種類だけをアピールしても、ほとんど成果が上がらないとの話を聞いた。どんな商売でも同業者なんて無数にあり、その中で顧客を獲得しようと思えば他社との違いを鮮明にアピールしなければならない。年賀状印刷の営業の中にも、売り上げ増のヒントは隠されている。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る