高速有田―御坊4車線化 19日から設計協議スタート

 高速有田-御坊間(延長19.4㌔)の4車線化事業で地元設計協議が、トップを切って19日から野口地区でスタートする。今後、各地区でも順次設計協議を行っていき、用地交渉、取得、そして着工の流れとなる。関係者らは5年後の4車線化完成へ努力しているが、この設計協議から用地取得までいかにスムーズに進むかが鍵を握っている。
 有田-御坊間の4車線化についてはことし6月11日に国の事業許可が下り、22日に事業着手式を行った。以後、進めていた測量、設計が終了したことで、いよいよ地元設計協議に入っていく。野口地区(延長1㌔)は19日北野口、20日古森、21日下野口、22日上野口でいずれも午後7時から地元集会所で実施。事業主体の西日本高速道路㈱(NEXCO)はじめ、県、市の関係者が出席して設計図を基に説明。工事に伴う周辺道路や水路の機能復旧について協議を重ねていき、地元住民の合意が得られれば確認書を締結する。ほか日高川町(5.7㌔)、有田川町(3.1㌔)、湯浅町(1.3㌔)、広川町(8.3㌔)も年明けから順次設計協議を行っていく。
 当初、有田-御坊間の4車線化はNEXCO側が「8年半後の平成33年度の完成を目指す」と目標を設定していたが、二階俊博代議士や鶴保庸介参議が着手式の場で「本県の高速整備はいま始まった話ではない。ともすれば20年、30年も前から取り組んでいる。民主党への政権交代など紆余曲折もあって遅れているため、5年以内で完成させてほしい」と訴えたことで、関係者らが早期の事業完成へ火がついた経緯がある。
 スムーズな事業推進に最も重要となるのが地元設計協議から用地取得までで、今後の進展が注目される。4車線化の総事業費は710億円で、かねて地元要望があった川辺ICのフルインター化も行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る