高速有田―御坊4車線化 19日から設計協議スタート

 高速有田-御坊間(延長19.4㌔)の4車線化事業で地元設計協議が、トップを切って19日から野口地区でスタートする。今後、各地区でも順次設計協議を行っていき、用地交渉、取得、そして着工の流れとなる。関係者らは5年後の4車線化完成へ努力しているが、この設計協議から用地取得までいかにスムーズに進むかが鍵を握っている。
 有田-御坊間の4車線化についてはことし6月11日に国の事業許可が下り、22日に事業着手式を行った。以後、進めていた測量、設計が終了したことで、いよいよ地元設計協議に入っていく。野口地区(延長1㌔)は19日北野口、20日古森、21日下野口、22日上野口でいずれも午後7時から地元集会所で実施。事業主体の西日本高速道路㈱(NEXCO)はじめ、県、市の関係者が出席して設計図を基に説明。工事に伴う周辺道路や水路の機能復旧について協議を重ねていき、地元住民の合意が得られれば確認書を締結する。ほか日高川町(5.7㌔)、有田川町(3.1㌔)、湯浅町(1.3㌔)、広川町(8.3㌔)も年明けから順次設計協議を行っていく。
 当初、有田-御坊間の4車線化はNEXCO側が「8年半後の平成33年度の完成を目指す」と目標を設定していたが、二階俊博代議士や鶴保庸介参議が着手式の場で「本県の高速整備はいま始まった話ではない。ともすれば20年、30年も前から取り組んでいる。民主党への政権交代など紆余曲折もあって遅れているため、5年以内で完成させてほしい」と訴えたことで、関係者らが早期の事業完成へ火がついた経緯がある。
 スムーズな事業推進に最も重要となるのが地元設計協議から用地取得までで、今後の進展が注目される。4車線化の総事業費は710億円で、かねて地元要望があった川辺ICのフルインター化も行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る