食品衛生自主管理 御坊保健所管内の認定100点超す

 2015年の紀の国わかやま国体へ向け、おもてなし力アップの一環で県が取り組んでいる食品の自主衛生管理認定制度で、御坊保健所管内で認定済みとなった店舗が100軒となった。食中毒発生をゼロに抑え、食で国体を盛り上げる取り組みで、スタートから1年、食品を取り扱う経営者の意識の高まりをうかがわせている。同保健所では飲食等を提供する約600店舗すべてに協力を得られるよう啓発していく。
 わかやま国体では多くの選手、応援団、観光客が訪れることから、「おいしくて安全安心の食でもてなすため、食中毒は絶対にゼロに抑えよう」と県が昨年度から同認定制度を導入した。事業者の意識高揚と管理体制を常にチェックしてもらうのが狙いで、衛生管理のレベルに応じて3段階の資格を用意。レベル1は清掃や洗浄、消毒、異物混入の防除などすぐにできる基本的な衛生管理。レベル2は従業員への教育や機械機器の保守点検など、より本格的な管理ができている施設に与えられる。最高のレベル3は、レベル1と2について記録を取ってチェックする体制の整っている施設が認定される。それぞれのレベルに応じた申請用紙に記入して提出し、各保健所の職員が管理体制と店舗の衛生状態を調査し、認められれば確認済みの証明として、国体マスコットきいちゃんのイラストが入った専用のシールが配布される。
 御坊保健所管内の認定店は今月13日現在、レベル1が47店、レベル2が36店、レベル3は17店でちょうど100店。いずれも飲食店や弁当、総菜を提供している店舗となっている。同保健所では、国体で直接飲食を提供する可能性のある店舗(スナック等除く)が約600軒あることから、現時点で認定済み達成率は約15%。保健所では「1年で100店は順調な滑り出しで、衛生向上の意識が高まっている。認定を受けることで店舗の信頼が高まり、利益アップにもつながる。本番まで2年を切り、食中毒予防の輪、おもてなしの心がもっと広がっていくよう地道に啓発していきたい」と話している。制度に関する問い合わせは御坊保健所℡0738-24-3617。

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る