秋の火災予防運動 心の警報オンのまま

 秋の全国火災予防運動が、9日からスタートした。御坊市、日高広域両消防は運動に合わせ、車での広報活動や街頭啓発を展開。空気が乾燥して火災が発生しやすい季節で、火の取り扱いに注意するよう意識高揚を求めた。両消防とも15日までの期間中、火気取り扱い施設の防火査察や消防訓練などを実施することにしており、「心の警報のスイッチを入れて」と呼びかけている。
 日高広域消防は8日、郡内各地で啓発活動を行った。Aコープ日高では、隊員3人が出入り口に立ち、「秋の火災予防運動」と書かれたのぼりを設置してPR。買い物客らに「火災予防運動実施中です」と呼びかけながら、「火の用心」などと書かれた啓発物資のティッシュを配った。この日は日高のほか川辺、由良、印南のAコープとスーパー加藤善、オークワ南部店でも行い、9日も4カ所で実施した。
 市消防は初日の9日朝、車での広報活動を行った。火災予防運動の横断幕やのぼりが取り付けられる中、広報車に乗った予防課職員が街頭啓発に出発。市内をくまなく回り、「火災が発生しやすい季節です。火の取り扱いには十分注意してください」とアピールしていった。本田敏文予防課長は「少しの不注意が大きな火災につながる。ヒューマンエラー(人的ミス)をなくすよう、心の警報のスイッチを切らさないで」と協力を求めている。
 運動は15日までの7日間。両消防とも住宅防火や連続放火対策、多くの観客が参加するイベントでの火災予防指導等を重点に立ち入り査察を展開していく。両消防ではとくに住宅火災から命を守るために寝タバコはしない、ストーブは燃えやすいものから離れて使用する、ガスコンロを離れるときは必ず火を消すよう啓発しており、「住宅用火災警報器の早期設置にも協力お願いします」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る