「※おいしくなる梅」に特別賞

 みなべ町晩稲、梅加工業の㈱紀州ほそ川(細川庄三社長)は、ご飯を和える液体調味料「※(おこめ)おいしくなる梅」を開発。東京で開かれた農林水産省ジャパンフードフェスタ「地場もん国民大賞」に出展し、特別賞を受賞した。梅酢がベースで、ご飯がきれいなピンク色に染まる。味は梅の酸味をほどよく抑えており、同社では「健康にもいいし、子どもの弁当づくりにも活用できる」と話している。
 梅干しを製造する工程で発生する梅酢をベースに、カツオだしや昆布だしで味を調えた。ピンクのきれいな色は天然色素のシソで、合成着色料は一切使用していない。炊き上がったご飯に注いで使用する。分量の目安は茶碗1杯(0・5合)に大さじ1杯(15㍉㍑)程度。
 「地場もん国民大賞」は、全国各地の農林水産物や加工食品が集う食の祭典。全国から500点以上の応募があり、1次審査(書類審査)で100点に絞られ、さらに2次審査(実食審査)で20点が選ばれた。最終審査は交流サイト「フェイスブック」と東京丸の内での一般住民の試食投票。特別賞審査は「大雁」総料理長の秋山能久さん、演出家のテリー伊藤さん、俳優の辰巳琢郎さんら11人が行った。紀州ほそ川は「※おいしくなる梅」を使ってご飯をつくり、梅肉や金山寺味噌を加えて大葉で巻いたおにぎりにして出展。特別賞の「柴田陽子(ミラノ万博レストランプロデューサー)賞」を受賞した。
 同社は「ご飯がきれいなピンク色に染まります。子どものキャラ弁にも最適です」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. かわいいよ「子」

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る