日高川町議選 来年4月20日

 来年4月30日に任期満了を迎える日高川町議選は、8日に開かれた選挙管理委員会で4月15日告示、20日投開票と決まった。平成17年5月の日高川町誕生後3回目の選挙で、今回から定数が現在の16から12に削減。現時点では、現職の大半が出馬する意向だが、一方で出馬へ消極的な現職や新人のうわさなどある不透明な情勢。現職、新人とも本格的な動きは年明けとなりそうだが、4人削減しての選挙戦だけに激戦は必至で、今後の動向が注目される。
 定数削減を争点に戦った候補者がいた前回とは異なり、今回はこれといった争点が見当たらない選挙。大半の現職は出馬の構えを見せており、本格的な動きは年明けだが、すでに選挙準備を進めつつある。定数削減による激戦を予想して、すでに勢力的にあいさつ回りを展開するなど臨戦態勢を整えている現職も見られる。一方で、川辺、中津、美山の各地区に出馬へ消極的で引退の可能性を示唆する現職もいる。ただ「地域のことやこれまでお世話になった支援者の気持ちもある。相談した上で決めたい」、「引退の方向だが、地域に誰も議員がいなくなるようなら出馬する」と話すなど流動的で、態度決定は地元区の寄り合いなどがある年明け以降となりそうだ。新人などについてはいまだ名乗りはないものの、川辺地区などでうわさがあるほか、議員がいない地域などでの擁立も十分に考えられる。
 定数16で争った過去2回の選挙戦は、1人オーバーだった平成18年の最下位が294票、2人オーバーだった前回の最下位は306票。これまで350票を目標に300票台で滑り込みという戦いとなっていたが、今回から定数が4人削減の12となるためボーダーラインが一気にアップ。出馬を決めている一部現職からは「候補者数にもよるが、400票はほしい」と危機感いっぱいの声が聞かれる。前回では告示直前に名乗りを上げた新人2人が2位当選、最下位当選を果たすなど躍進があっただけに、出馬の意思を固めている現職も情勢しだいでは態度を変更する可能性があり、現職、新人とも動きに目が離せない状況となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る