特別でなくても観光地に

 アベノミクス効果で円安が進んでいる。この影響で、外国から日本を訪れる観光客が急増しているという。観光局によると、ことし1~7月までの総数は約600万人で、昨年同期と比較すると約2割増加。富士山の世界遺産登録が決まったことも追い風になっているようだ。
 日本人からみると当たり前のことでも、外国人には不思議に感じたり驚いたりすることがある。国によってもその感じ方は異なると思うが、例を挙げれば▽電車やバスが時間通りに到着すること▽夜遅くでも女性が1人歩きしている▽安い店でも接客が丁寧▽トイレのハイテク装置(温水洗浄便座等)が付いていることなどが挙げられる。
 観光客が求めていることでも、日本人と外国人では感覚のずれがあるのかもしれない。日本人が外国旅行する時は、その国の有名な名所をまず念頭に入れる。しかし外国人は観光地だけでなく、居酒屋やラーメン屋、温泉などのごく普通の日常生活に興味を抱くこともあるという。透き通ったきれいなマリンブルーの海があっても東南アジアなどの人々にとってはそれがごく普通の光景で、興味は引かない。海辺に住む外国人にとっては奥深い自然の山並みに関心を寄せるだろう。一言に観光地といっても感じ方はそれぞれである。
 日高地方では外国人が大勢訪れるような場所はないに等しい。しかし日本伝統食の梅干しが特産、カツオ節も発祥の地、きれいな流れの日高川、由緒ある旅館が並ぶ龍神温泉、各神社で催される秋祭りなども、外国人は新鮮な印象を受けるかもしれない。地元に住んでいれば当たり前と思っている光景、食、体験が観光地に成り得る可能性も。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る