みなべで2年遅れの全国植樹祭記念植樹

 みなべ町は7日、東神野川地内の「百年の森」用地で、第62回全国植樹祭の記念植樹を実施した。同植樹祭は平成23年に田辺市で行われ、本来は同年に植樹するはずだったが、9月の台風12号により土砂崩れが発生し、通行止めとなっていた。昨年度末に復旧し、2年を経てようやく記念植樹が実現。同植樹祭で展示されたウバメガシ2本が植えられたほか、緑育の一環として南部小4年生75人が広葉樹250本を植栽した。
 全国植樹祭後の平成23年9月、百年の森づくりを行っている場所の近くで大規模な土砂災害が発生。予定していた記念の植樹もできなくなっていた。今回は、災害後初の植栽活動となった。記念植樹に合わせて、南部小学校の児童がウバメガシ、アラカシ、イチイガシなど5種類の広葉樹の苗を植栽し、「みなべ町民の森」と書かれた看板も取り付けられた。
 小谷芳正町長は「土砂災害が復旧して植樹できるようになった。南部小学校の皆さんにはきょう植えた苗が将来どうなっているか、大人になったら見に来てもらいたい」、百年の森づくりの会の下村勤会長も「クヌギの木がいっぱい育っています。よくカブトムシやクワガタが集まってくる木なので、これからも足を運んで自然に親しんでもらいたい」とあいさつした。このあと小谷町長と下村会長らが全国植樹祭で展示されたウバメガシを記念植樹。児童らも約500平方㍍の土地に苗を1本ずつ丁寧に植えた。湯浅颯太君、矢田海都君、杉本嵐士君の3人も「いっぱい大きな木が育って豊かな森になってほしい」と話しながら苗を植えつけていた。作業終了後は現地でレンガを組んで窯をつくり、ピザを焼いて楽しんだ。
 百年の森は、バブル期にサーキット場建設計画で約22㌶の森林を伐採。土がむき出しとなったまま放置されていたが、平成16年に旧南部川村が一帯の土地150㌶を購入。「みなべ百年の森づくりの会」を結成し、翌17年からボランティアらが植栽活動を展開している。

関連記事

フォトニュース

  1. 寒さと静けさのなかで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る