みなべで2年遅れの全国植樹祭記念植樹

 みなべ町は7日、東神野川地内の「百年の森」用地で、第62回全国植樹祭の記念植樹を実施した。同植樹祭は平成23年に田辺市で行われ、本来は同年に植樹するはずだったが、9月の台風12号により土砂崩れが発生し、通行止めとなっていた。昨年度末に復旧し、2年を経てようやく記念植樹が実現。同植樹祭で展示されたウバメガシ2本が植えられたほか、緑育の一環として南部小4年生75人が広葉樹250本を植栽した。
 全国植樹祭後の平成23年9月、百年の森づくりを行っている場所の近くで大規模な土砂災害が発生。予定していた記念の植樹もできなくなっていた。今回は、災害後初の植栽活動となった。記念植樹に合わせて、南部小学校の児童がウバメガシ、アラカシ、イチイガシなど5種類の広葉樹の苗を植栽し、「みなべ町民の森」と書かれた看板も取り付けられた。
 小谷芳正町長は「土砂災害が復旧して植樹できるようになった。南部小学校の皆さんにはきょう植えた苗が将来どうなっているか、大人になったら見に来てもらいたい」、百年の森づくりの会の下村勤会長も「クヌギの木がいっぱい育っています。よくカブトムシやクワガタが集まってくる木なので、これからも足を運んで自然に親しんでもらいたい」とあいさつした。このあと小谷町長と下村会長らが全国植樹祭で展示されたウバメガシを記念植樹。児童らも約500平方㍍の土地に苗を1本ずつ丁寧に植えた。湯浅颯太君、矢田海都君、杉本嵐士君の3人も「いっぱい大きな木が育って豊かな森になってほしい」と話しながら苗を植えつけていた。作業終了後は現地でレンガを組んで窯をつくり、ピザを焼いて楽しんだ。
 百年の森は、バブル期にサーキット場建設計画で約22㌶の森林を伐採。土がむき出しとなったまま放置されていたが、平成16年に旧南部川村が一帯の土地150㌶を購入。「みなべ百年の森づくりの会」を結成し、翌17年からボランティアらが植栽活動を展開している。

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る