印南に龍谷ソーラーパーク完成

 印南町本郷地内の町有地「外ケ濱埋め立て地」と美里地内の県畜産試験場跡地で進められていたメガソーラー計画「龍谷ソーラーパーク」の竣工式が5日、外ケ濱で行われ、関係者60人が出席して無事完成を祝った。今月下旬には全面稼働する。20年間で5億円の売電利益を地域に還元し、地域活性化等の活動をしている団体を支援していく計画で、地元の課題解決につながると期待されている。
 竣工式は仏式で行われ、焼香や合掌・礼拝で施設の完成を厳かに祝った。今回の事業を立案、中心的に進めてきた龍谷大学(京都市)の赤松徹眞学長は「利益を地域の課題解決に活用してもらう新しいモデルとして、地元をけん引していく施設となることを期待している」とあいさつ。事業主体である非営利型の㈱PLUS SOCIAL(本社=京都)の代表を務める同大の深尾昌峰准教授は「太陽が照るたびに誰かが笑顔になる事業」、印南町の日裏勝己町長も「この地を選んでいただきありがたい。社会貢献と地域活性化の施設になる」と期待を込めた。「龍谷ソーラーパーク」の看板の除幕を行ったあと、参加者が施設を見学した。
 今回の事業は、龍谷大学が研究成果をもとに考案。再生エネルギー事業の普及と売電収益を地域貢献活動の支援に充てることを目的とした全国初の「地域貢献型メガソーラー事業」。売電で得た利益は京都、和歌山、印南町の市民活動やボランティア活動の団体などに寄付する。行政の補助とは違い、「祭りの存続のため」など地域の実情に応じた課題解決のための活動資金など幅広く支援できるのが魅力だ。印南町には年間約300万円の借地料も支払われる。売電額は20年間で十数億円の見込みだが、設置費の返却や管理費などの経費を差し引き、寄付する収益は20年間で約5億円を見込んでいる。京セラソーラーコーポレーションがパネル供給・保守管理、印南町は町有地を21年間有償貸与、信託事業としてトランスバリュー信託㈱(本社=東京)も携わる。
 発電規模は埋め立て地で出力約1200㌔㍗、美里で約600㌔㍗、龍谷大深草キャンパス屋上に約50㌔㍗の合計約1850㌔㍗。年間発電量は約190万㌔㍗で約600世帯分の電力に相当する。総事業費は約7億円で、半分を龍谷大学が投資し、半分は金融機関からの融資で賄った。

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いします

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る