バイクレスキュー 日高地方でも活動拡大へ

 巨大地震などの際に小回りがきくバイクで救援活動を行おうと、県内組織のNPO法人和歌山レスキューサポートバイクネットワーク(早稲田眞廣代表)が昨年4月に発足し、訓練や研修などを重ねている。日高地方の隊員はまだわずか4人しかおらず、ネットワーク発足に携わった日高町原谷、会社員鍵本英隆さん(42)らは「地元での体制づくりを進めたい」と活動の輪の広がりを目指している。
 同ネットワークは田辺市を中心に県内全体の隊員40人で組織。地震が発生した場合には家屋の倒壊などでがれきが散乱することが予想されるが、オフロードバイクなら障害物を避けながら移動することが可能。この機動力を生かして情報収集、伝達、救援物資の運搬などのボランティアを行うのが目的。全国的には取り組みが広がっているが、和歌山県では遅れていた。
 阪神淡路大震災、東日本大震災でのボランティア活動を経験し、バイクレスキューの必要性を感じた鍵本さんは、「もし巨大地震が発生した場合は県内全体での被害が予想される。レスキュー隊は県内全体の組織だが、しばらくは他の地域の救援に回る余裕はなく、まず地元の日高地方での救援活動が主になる。隊員自身の安否もどうなるか分からず、1人でも多くの人が隊員として登録しておいてくれれば心強い」と期待。先月27日には御坊小学校で行われた同市の地震訓練「防災ぶるる」の会場でブースを開設してアピール。さらに今後は「障害物を避けるテクニック訓練や整備講習は田辺で実施することが多いが、隊員勧誘のPRもあわせて日高地方でもできれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る