生きることの素晴らしさ

 本紙3面(みなべ・龍神版)で幼児を紹介する「おませさん」というコーナーがある。母親らに子どもの性格や興味を持っていることなど取材し、毎週木曜日付で記事にしている。どの親も子どものちょっとした行動もきちんと観察しており、「そのことについては分からない」という答えは決して返ってこない。「子どもが将来、どんな風に育ってほしいですか」と質問すると、大抵が「元気に健康に育ってくれれば」と答える。
 母親は妊娠により体の自由が制限され、出産という苦痛の末に赤ちゃんが誕生する。生まれたばかりの時は泣くだけの存在で、自分の時間を犠牲にしてまで育児に専念する。まさに見返りを求めない無償の愛情を注いでいる。命を受け継ぐという本能的な行為なのだろうか。
 去る14日に田辺市内に住む高校生がマンションから飛び降り、命を絶った。この高校生には人には言えないほど辛い経験があったのだろうが、いままで大切に育ててきた両親の気持ちを察すると、やり切れないショックだったに違いない。「勉強しなさい」「生活態度を改めなさい」と叱っても、親にとって子どもは宝。生きてさえいることが何よりの幸せなのかもしれない。
 来月11日にみなべ町で人権研修会が開かれる。講師は前熊本市人権教育講師で、元アナウンサーの道元真弓さん。不妊治療の末にやっと授かった娘が世界で数十例という病気にかかり、8歳という幼さで他界した。これだけでも涙が出てくるような話。講演では命の重さ、感謝の心を語るという。
 12月4日から11日までは人権週間。生きることの素晴らしさをこの機会に改めて考えてみてはどうだろう。  (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る