生きることの素晴らしさ

 本紙3面(みなべ・龍神版)で幼児を紹介する「おませさん」というコーナーがある。母親らに子どもの性格や興味を持っていることなど取材し、毎週木曜日付で記事にしている。どの親も子どものちょっとした行動もきちんと観察しており、「そのことについては分からない」という答えは決して返ってこない。「子どもが将来、どんな風に育ってほしいですか」と質問すると、大抵が「元気に健康に育ってくれれば」と答える。
 母親は妊娠により体の自由が制限され、出産という苦痛の末に赤ちゃんが誕生する。生まれたばかりの時は泣くだけの存在で、自分の時間を犠牲にしてまで育児に専念する。まさに見返りを求めない無償の愛情を注いでいる。命を受け継ぐという本能的な行為なのだろうか。
 去る14日に田辺市内に住む高校生がマンションから飛び降り、命を絶った。この高校生には人には言えないほど辛い経験があったのだろうが、いままで大切に育ててきた両親の気持ちを察すると、やり切れないショックだったに違いない。「勉強しなさい」「生活態度を改めなさい」と叱っても、親にとって子どもは宝。生きてさえいることが何よりの幸せなのかもしれない。
 来月11日にみなべ町で人権研修会が開かれる。講師は前熊本市人権教育講師で、元アナウンサーの道元真弓さん。不妊治療の末にやっと授かった娘が世界で数十例という病気にかかり、8歳という幼さで他界した。これだけでも涙が出てくるような話。講演では命の重さ、感謝の心を語るという。
 12月4日から11日までは人権週間。生きることの素晴らしさをこの機会に改めて考えてみてはどうだろう。  (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る