イセエビ 偽装騒ぎで価格高騰

 ホテルなどの食品偽装が発覚した影響で本物志向が高まり、イセエビの需要が増えて価格が高騰している。これまではロブスターで代用していた業者が多いというが、特にこの時期はおせち料理用の食材としてイセエビが必要になるため、日高地方でも水揚げが多い紀州日高漁協南部町支所では例年の1・5倍程度に跳ね上がっている。漁師らにとっては思わぬ影響に「何はともあれ、価格が上がるのは歓迎」と話している。
 先月後半から全国的に食品偽装が相次いで発覚。この影響がイセエビの価格にも及んでいる。飲食業関係者の話によると「偽装が全国的に問題となったことで、これまでイセエビの代わりにロブスターを使用していた業者らも本物を使用せざるを得なくなっている。いまは正月用のイセエビを確保するのに躍起となっているようだ」という。県漁連も「水揚げ量は、ことしは昨年に比べて若干少ないが、偽装の余波でそれ以上に需要が高まっているのではないか」という。
 紀州日高漁協南部支所でも、偽装発覚後は高値で取り引きされている。ことしの解禁は9月16日。序盤は例年並みの1㌔当たり4000円から5000円程度だったが、今月に入って急に価格が上がり始めた。最近は1㌔平均6000~7000円で取り引きされ、26日には高値で9000円近くにまで上がったという。漁師らは「近年イセエビの価格は下降傾向にあったが、ことしは急に上がり出した。毎年正月前には上がる傾向があるが、ことしは一気に上昇した」という。一方、住民の中には「偽装が発覚したことでイセエビの価格が上がるとは、どれだけ偽装が行われていたのか」という声もある。

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る