けほん踊り 全国民族芸能大会に出演

 財団法人日本青年会館の第62回全国民俗芸能大会「北から南から~感動は今、時を超える!~」が23日に東京都新宿の同会館大ホールで開かれ、御坊市から地元有志でつくる戯瓢(けほん)踊保存会(原多美男会長)が出演。けほん踊りを古来の風流さながらに披露し、関係者から高い評価を受けた。関東で踊られるのは初めてで、御坊の伝統文化を発信する絶好の機会となった。
 同大会は全国各地の伝統芸能を紹介、保存していこうと毎年恒例。ことしは戯瓢踊保存会のほかに、福島県広瀬熊野神社の御田植、山梨県一之瀬高橋の春駒、福岡県の豊前神楽も出演した。戯瓢踊保存会は会員ら19人が参加。和歌山県無形文化財第1号のけほん踊りは、御坊市の小竹八幡神社秋季祭礼「御坊祭」で奉納される踊りで、花笠をかぶって奴じゅばんに腰巻姿でひょうたん、太鼓、鼓、鉦(かね)を持ち、踊り歌をうたいながら向かい合ったり、輪になったりして踊る独特のスタイルを披露した。同大会の式典の部では各出演団体に伝統文化の保存と継承をたたえ、文化庁長官と主催者の感謝状や出場記念旗も贈呈された。原会長は「400年以上の歴史を持つけほん踊りを関東で踊るのは初めてのことで、プレッシャーもありましたが、誇りを持って踊ってきました。会員自身がこれからも伝統芸能を継承していこうという意識が一層高まりました」と話している。
 また、原会長と玉置昇吉副会長は27日に市役所を訪れ、柏木征夫市長に大会出場を報告。柏木市長は「こういった活動を一歩一歩進めることが御坊の名を全国に広めてくれることにつながる。地元の伝統芸能を引き継いでくれていることにお礼をいいたい」とねぎらった。
 けほん踊りの踊り手は、本来、小竹八幡神社の氏子組である御坊町の50歳以上の男子に限られていたが、氏子意識の低下などで昭和33年を最後に中断。41年に踊り手をすべての青年男子の氏子から広く募って保存会が結成され、現在まで継承されている。ただ、再び会員の高齢化が進んでおり、原会長は「若者にもぜひ参加していただきたい」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る