噺家ならではの講演に感服

 先日の市民教養講座、落語家林家たい平さんの講演は、これまで取材した中でも十指に入る印象深さだった。
 あらすじ風にまとめると、①学生時代、柳家小さんの落語の温かさに感動。2席を覚えて東北の老人ホームを回り、石巻市では誰とも話をしなかったおばあさんがファン1号に②きょうだいで1人大学へ行かせてもらったのに、学んだことを捨て落語家になると宣言、父に勘当される。数年後母が説得し、両親で師匠にあいさつ。額を畳にすりつけた父の姿が忘れられない③住み込みの修行中、兄弟子に左手でバックハンドではたきをかけろと命じられ、嫌な先輩だと思いながら1年間実践。1年後、寄席で出囃子の太鼓を叩かされると、左手を鍛えたおかげで見事な太鼓が打てた。人の真意はうわべでは分からないと反省④楽屋のお茶汲みも修行と一生懸命に務め、柳家小さんに最高のお茶を入れてほめられた。心がけ次第で自分の周囲から笑顔を広げられると悟る⑤原点の石巻市には毎月訪問。震災後、一般家庭にガスが通る瞬間に立ち合い、「どんな仕事の先にも人々の笑顔がある」と実感した。
 単なる笑えるエピソードの羅列ではない。すべてリンクして次につながっていき、「林家たい平一代記」に。そして最後の逸話は、全体を貫くテーマの集大成。見事な構成である。しんみりしそうな話にもすべて笑いのエッセンスがまぶされ、笑い声の絶えない90分だった。
 日高川町文化講演会で辻原登さんも述べたように、日高は「日の高く輝く」陽性の地。明るい笑いあふれる舞台が、やはり皆の心にかなう。終演後は「聴きに来てよかった」「アンコールしたかった」と、満足そうな声があちこちで聞かれていた。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. なかなか前に進まへん…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る