「ホウレンソウ」よりも大事なもの

 報告、連絡、相談。だれが言い始めたのか、これをビジネス用語で「ホウレンソウ」というらしい。無理な語呂合わせ、意味はどれも同じような気もするが、ようは人とのコミュニケーションを大切にせよ、組織の仕事の能率を上げるにはこれが基本であるという。
 企業の場合、部署は外回りが本分の営業もあれば、ひねもす社内で機械やパソコンに向き合う工場もあり、ほかに人事、企画、総務など、それぞれに苦労しながら、力を合わせて社業発展のため取り組んでいる。
 新聞記者の場合、簡単にいうと、人と会って話をするのが仕事。楽しいこともあれば気分が落ち込むこともあり、これがおもしろいようでけっこうしんどい。やたらと話好きな人もいれば、逆に何を聞いても返事程度しか答えてくれない人もいて、つくづく、「世の中にはいろんな人がいる」と思い知る。
 相手のちょっとしたものの言い方、表情や態度ひとつで気分を害する人、逆にそんなことはまったく気にならない人、さらにいえば、知的にも見た目にもハンディはないが、その場の光景や物音にいちいち神経が反応してしまい、周囲の人とのコミュニケーションがうまくとれない人もいる。これらは「感度」の違いとでもいおうか、血液型や性格といった単純な分類、少ない引き出しではとても整理しきれない。
 コミュニケーション力は人の顔と同じで十人十色、千差万別。「ホウレンソウ」などという言葉が人口に膾炙するいまの日本、それがビジネスマナーの最低条件かのようにいわれているが、現場で真に必要で優先されるべきはやはり、知識や技術、発想、センス、集中力など仕事の能力。企業はそのうえに個々の「感度」の違いを見極め、適材適所に気を配るべきだろう。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年は48輪咲きました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る