「ホウレンソウ」よりも大事なもの

 報告、連絡、相談。だれが言い始めたのか、これをビジネス用語で「ホウレンソウ」というらしい。無理な語呂合わせ、意味はどれも同じような気もするが、ようは人とのコミュニケーションを大切にせよ、組織の仕事の能率を上げるにはこれが基本であるという。
 企業の場合、部署は外回りが本分の営業もあれば、ひねもす社内で機械やパソコンに向き合う工場もあり、ほかに人事、企画、総務など、それぞれに苦労しながら、力を合わせて社業発展のため取り組んでいる。
 新聞記者の場合、簡単にいうと、人と会って話をするのが仕事。楽しいこともあれば気分が落ち込むこともあり、これがおもしろいようでけっこうしんどい。やたらと話好きな人もいれば、逆に何を聞いても返事程度しか答えてくれない人もいて、つくづく、「世の中にはいろんな人がいる」と思い知る。
 相手のちょっとしたものの言い方、表情や態度ひとつで気分を害する人、逆にそんなことはまったく気にならない人、さらにいえば、知的にも見た目にもハンディはないが、その場の光景や物音にいちいち神経が反応してしまい、周囲の人とのコミュニケーションがうまくとれない人もいる。これらは「感度」の違いとでもいおうか、血液型や性格といった単純な分類、少ない引き出しではとても整理しきれない。
 コミュニケーション力は人の顔と同じで十人十色、千差万別。「ホウレンソウ」などという言葉が人口に膾炙するいまの日本、それがビジネスマナーの最低条件かのようにいわれているが、現場で真に必要で優先されるべきはやはり、知識や技術、発想、センス、集中力など仕事の能力。企業はそのうえに個々の「感度」の違いを見極め、適材適所に気を配るべきだろう。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る