みなべの書道家赤木さん NYの展示会でスピーチ

 みなべ町芝、書道家の赤木昭子さん(71)は去る12日からアメリカ・ニューヨークで開催されている展示会「Japan Arts Selection in the Les,NYC」に作品を出展中。15日に開かれたレセプションにも出席し、スピーチや書の実演で「和の心」をアピール。「梅は健康にいい」などと英語で話し、PR用に持参した梅干しも配布した。
 今回の展示会は「墨」がテーマで、書や水墨画など墨を使った作品が展示されている。東京の企画会社が主催で、全国的には知名度が低いが実力のある日本の芸術家34人が選ばれた。展示は24日まで。
 赤木さんの出展作品は、「心」の1字を書いた掛け軸。初日から現地の人たちが大勢訪れ、日本の伝統文化を観賞した。レセプションで、赤木さんは書の実演も披露。富士山の世界遺産登録にちなんだ「山」、日本の国花「桜」の2点をその場で書いた。和紙作家奥野誠さんが製作した用紙を使い、「山」は薄緑の紙に力強く、「桜」は薄ピンクの紙に優しく包み込むように揮毫。参加者からは「赤木さんは小柄な体格だが、筆を振るう姿に力強さを感じた。感動をもらった」という声が上がった。
 スピーチでは、最初に「2020年に東京でオリンピックが行われることに感動している。和の心が一致団結した結果が招致につながった」と話し、書については「常に『美』に挑戦している」と説明。みなべ町特産の梅についてもアピールし、「私の住んでいる町は日本で有数の梅の産地。いま着ている服は『サムエ』という僧侶の作業着だが、農家の人が梅染めでつくってくれた」と背中の「梅」の文字プリントも見せ、「梅干しは本来酸っぱいのですが、きょう用意したものはスイーツ感覚で食べられるので、どうぞ召し上がってください」と、PR用の1個入り梅干し約100個を配った。赤木さんは「現地の人が大勢見てくれて、とてもうれしい」と話している。
 赤木さんは平成11年から墨人会の書家、故羽柿賀恵子さん(西岩代)に師事し、翌12年、初めて墨人展に出展。以後、墨人会の東京展、京都展、関西サークル展などに出展。ことし2月には多目的施設「Mi館」で初めて個展を開催した。

関連記事

フォトニュース

  1. 夏にはいっぱい咲くで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る