松本さんにきのくに教育賞

 学校教育において特に教育実践で成果を上げた教職員らをたたえる平成25年度きのくに教育賞に、日高地方から日高川町の丹生中学校栄養教諭、松本知子さん(51)=御坊市島=が選ばれた。県内全体で個人6人、2団体が受賞。来年2月1日に紀の川市の粉河ふるさとセンターで開かれる本年度第4回和歌山教育実践研究大会で表彰される。
 松本さんは、昭和61年に旧龍神村の東小学校に栄養士として着任。宮代小や虎東中など龍神村内の小中学校を経て、21年4月からは栄養士と教諭の資質を併せ持つ栄養教諭として丹生中学校に赴任。熱心な指導で食育の推進に尽くしている。
 丹生中学校では、子どもたちが将来にわたって健康に生活できるよう学校給食を通じて栄養や食事に関する指導に努め、生徒の食に対する意識向上に貢献。生徒の家庭にも大きな影響を与えている。昨年には町内の栄養士らと「給食レシピ 日高川町~地産地消の日~」を作成し、町内すべての小中学校保護者宅へ配布。野菜を多く取り入れた栄養バランスのとれたメニューを提案し、地域食材、郷土料理の素晴らしさを伝えている。給食とともに、授業でも食育推進を指導。丹生中ほか、早蘇中、中津小、中津中の3校でも日々の給食メニューを考えている。
 龍神村内の小中学校では、小規模校の特性を生かした取り組みを実践。過去の学校給食を紹介する学校給食展や地域住民を招いての試食会など開き、児童生徒、家庭、地域住民の食への関心、知識向上に努めた。
 これらの取り組みはさまざまな研修や講習会などで実践発表し、県の食育推進にも貢献。本年度からは県学校栄養士研究会会長を務めている。受賞に際し、「本当に恐縮です。栄養士や地域の皆さんと取り組んできたことが、こんな形となって認められたことがとてもありがたく思います。食は毎日毎日の積み重ねで一生続くこと。これからも食の重要さ、一食一食を大切にすることを伝えていければと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る