松本さんにきのくに教育賞

 学校教育において特に教育実践で成果を上げた教職員らをたたえる平成25年度きのくに教育賞に、日高地方から日高川町の丹生中学校栄養教諭、松本知子さん(51)=御坊市島=が選ばれた。県内全体で個人6人、2団体が受賞。来年2月1日に紀の川市の粉河ふるさとセンターで開かれる本年度第4回和歌山教育実践研究大会で表彰される。
 松本さんは、昭和61年に旧龍神村の東小学校に栄養士として着任。宮代小や虎東中など龍神村内の小中学校を経て、21年4月からは栄養士と教諭の資質を併せ持つ栄養教諭として丹生中学校に赴任。熱心な指導で食育の推進に尽くしている。
 丹生中学校では、子どもたちが将来にわたって健康に生活できるよう学校給食を通じて栄養や食事に関する指導に努め、生徒の食に対する意識向上に貢献。生徒の家庭にも大きな影響を与えている。昨年には町内の栄養士らと「給食レシピ 日高川町~地産地消の日~」を作成し、町内すべての小中学校保護者宅へ配布。野菜を多く取り入れた栄養バランスのとれたメニューを提案し、地域食材、郷土料理の素晴らしさを伝えている。給食とともに、授業でも食育推進を指導。丹生中ほか、早蘇中、中津小、中津中の3校でも日々の給食メニューを考えている。
 龍神村内の小中学校では、小規模校の特性を生かした取り組みを実践。過去の学校給食を紹介する学校給食展や地域住民を招いての試食会など開き、児童生徒、家庭、地域住民の食への関心、知識向上に努めた。
 これらの取り組みはさまざまな研修や講習会などで実践発表し、県の食育推進にも貢献。本年度からは県学校栄養士研究会会長を務めている。受賞に際し、「本当に恐縮です。栄養士や地域の皆さんと取り組んできたことが、こんな形となって認められたことがとてもありがたく思います。食は毎日毎日の積み重ねで一生続くこと。これからも食の重要さ、一食一食を大切にすることを伝えていければと思います」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年秋は紀の国わかやま文化祭

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る