農村部にも自主防を

 巨大地震対策では津波の被害が大きくクローズアップされているが、当然ながらそれ以外にもさまざまな被害が想定されている。例えば揺れに伴う家屋の倒壊、火災、崩土、土地の液状化など。細かいところで言えば屋根瓦の落下や割れたガラスでの負傷などがあり、細かいと言えども実はこのあたりが一番負傷者が多く出る被害だという。
 そんな中、御坊市では来年度から平成28年度までの3カ年計画で農業用ため池の堤体が地震の揺れで決壊した場合の周辺地域のハザードマップを作成する。東日本大震災や過去の大規模地震でも堤体が決壊して周辺民家が浸水する被害が出ているらしく、国も平成24年度から補助制度を創設して推進している。ため池の危険性については、以前から知っている人もいるだろうが、恥ずかしながら筆者的には記事で取り上げたことがなくなじみが薄い。それにため池被害を想定して訓練をしているような地区も少ないのではないだろうか。
 しかし、ため池についても津波などと同じように今後の地震対策の大きな課題の一つになるだろう。これまで危険なのは津波が襲来する海岸線という印象が強かったが、なるほど聞いてみれば何万㌧もの水があるようなため池が決壊した場合も危険であり、高台だと安心していた農村部もうかうかしていられない。むやみやたらに不安を抱くのはよくないが、やはり正しい知識を持って事前に訓練をしておくべきだろう。御坊市内では海岸線以外の地区で自主防災組織が発足していないところもあるが、今回のため池用ハザードマップの完成を機に農村部でも組織化が進み、一層住民の危機意識が高まることを期待している。     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る