記憶力を高めよう

 最近、何かと予定が多い。数年前まではスケジュール帳に予定を記していたが、ここ何年かは携帯電話やスマートフォンを活用。手帳よりも確実に身につけているので、いつでもすぐに登録したりチェックすることができる。唯一、電話中に予定をチェックしづらいのが問題だ。とにかく、すべての予定をスマホ頼りにしているせいか、自分ではほとんど覚えていない。このまま記憶力が低下し続けないか心配だ。そんな中、先日日高高校附属中学校の出前授業で、京都ノートルダム女子大学の松島るみ准教授から「記憶力を高めるために」の講義を取材した。
 松島准教授は「人に話すこと」と覚えようとすることを「意味付ける」などの記憶法を紹介。実験として絵を14枚用意。2枚1組にし、1組数秒ずつ生徒に見せたあと、片方の絵を出しペアになっていたのはどんな絵かを尋ねた。絵はほとんど落書きのような意味のない絵で、丸暗記しようとしてもなかなか覚えられない。続いて2回目の実験では別の14枚の絵を用意。1回目と同じような意味のない絵だったが、今度は無理やり意味をつけた説明文を添えていた。筆者も試してみたが、意味付けることで覚えようとせずとも自然と頭に入ってきて、ペアの絵がすぐに思い出せた。工夫ひとつで記憶に大きな差が出ることを実感できた。
 考えてみれば語呂合わせや電話番号など、昔から覚えていることは何らかの意味づけをしているように思う。勉強でいろいろ覚えることが多い中学生はもちろんだが、社会人にも記憶力は大事。忘れてはいけないことは「何々だからする必要がある」など意味付けたり、人に話すよう心がけよう。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る