古田さんが農事功績表彰受賞

 長年にわたり農業における新技術や経営改善などに取り組み、農業技術の普及、研究開発に寄与した人に贈られる「公益社団法人大日本農会(総裁=桂宮宜仁親王)」の平成25年度農事功績表彰「緑白綬有功章」に、印南町島田で古田農園を経営する古田襄治さん(66)が選ばれた。新たな花き「テマリソウ」や宿根カスミソウの安定出荷技術を開発したほか、地元団体の役職を歴任してきたことが評価。22日午前11時から東京都港区で表彰される。
 古田さんは徳島県出身。昭和48年に勤めていた会社を退職し、和歌山県に転居、夏小菊、寒小菊を中心とした花き経営を始めた。49年には県内で初めて宿根カスミソウを導入。独自に栽培方法を研究し、50年に株冷蔵処理、51年に電照処理や二度切り栽培法の実用化に成功。考案した栽培法は地域で自ら指導に回り、日高地方での宿根カスミソウ栽培の根幹を作った。
 60年には全国で宿根カスミソウの栽培面積が増加してきたことから新たな花き導入を模索。アネモネ、ラナンキュラスなどを導入し、平成12年からはナデシコ栽培をはじめた。17年には美女ナデシコから花がつかない変異株を発見。通常なら処分される中、「グリーン素材として有望」と目をつけ、独自に研究。20年には栽培法を確立し、「テマリソウ」として品種登録した。テマリソウは市場から高く評価され、国内だけでなく世界中に広がり、ヨーロッパや南米などでも栽培されている。
 このほか地域の各種団体でも役職を歴任。昭和61年から62年までは印南町花き園芸組合連合会の会長、平成5年から7年まで印南町農業士会の会長、平成12年から20年までは教育委員を務めてきた。受章に際し「このような大きな章をいただき、身に余る光栄です。今後もこの章を励みに、新しい花きを作り出していきたい」と話している。
 本年度の受章は海外含め62人で、県内では古田さんのみとなっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 海の勇者が愛したキンセンカ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る