古田さんが農事功績表彰受賞

 長年にわたり農業における新技術や経営改善などに取り組み、農業技術の普及、研究開発に寄与した人に贈られる「公益社団法人大日本農会(総裁=桂宮宜仁親王)」の平成25年度農事功績表彰「緑白綬有功章」に、印南町島田で古田農園を経営する古田襄治さん(66)が選ばれた。新たな花き「テマリソウ」や宿根カスミソウの安定出荷技術を開発したほか、地元団体の役職を歴任してきたことが評価。22日午前11時から東京都港区で表彰される。
 古田さんは徳島県出身。昭和48年に勤めていた会社を退職し、和歌山県に転居、夏小菊、寒小菊を中心とした花き経営を始めた。49年には県内で初めて宿根カスミソウを導入。独自に栽培方法を研究し、50年に株冷蔵処理、51年に電照処理や二度切り栽培法の実用化に成功。考案した栽培法は地域で自ら指導に回り、日高地方での宿根カスミソウ栽培の根幹を作った。
 60年には全国で宿根カスミソウの栽培面積が増加してきたことから新たな花き導入を模索。アネモネ、ラナンキュラスなどを導入し、平成12年からはナデシコ栽培をはじめた。17年には美女ナデシコから花がつかない変異株を発見。通常なら処分される中、「グリーン素材として有望」と目をつけ、独自に研究。20年には栽培法を確立し、「テマリソウ」として品種登録した。テマリソウは市場から高く評価され、国内だけでなく世界中に広がり、ヨーロッパや南米などでも栽培されている。
 このほか地域の各種団体でも役職を歴任。昭和61年から62年までは印南町花き園芸組合連合会の会長、平成5年から7年まで印南町農業士会の会長、平成12年から20年までは教育委員を務めてきた。受章に際し「このような大きな章をいただき、身に余る光栄です。今後もこの章を励みに、新しい花きを作り出していきたい」と話している。
 本年度の受章は海外含め62人で、県内では古田さんのみとなっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る