大橋市長が不出馬表明 仁坂知事「???」

 和歌山市の大橋建一市長(67)が16日、来夏の次期市長選に出馬しない意向を表明したことに関し、仁坂吉伸知事は19日、「基本的には本人の考えを尊重しなければいけないが…」としながらも、支援者集会の場での突然の不出馬表明、任期満了まで9カ月以上も残してのタイミングには、「私ならそんなことはしない」と首をかしげた。
 大橋市長は来年8月24日で3期目の任期が満了。今回、和歌山市内で開かれた女性支援者の集会で、出馬しない考えを初めて表明した。主催の後援会幹部らも寝耳に水で、18日にはあらためて記者会見を行い、「初心はほぼ果たせた。職員との緊張関係が緩み、支持者の苦言も耳に入りにくくなる多選の問題もある」などと理由を挙げ、後継者については「若い人にバトンタッチしたい思いはあるが、後継指名はしない」と述べた。
 この突然の不出馬表明に、仁坂知事は19日の定例会見で、「励ます会を開いてもらって、事前に何もいわず、『頑張れ』といってもらったあとで『私は辞めます』というのは、その人たちの顔をつぶすことになる。友を裏切ってはいけない」と批判。また、大橋市長が「年度途中に任期が終わるので、次の人がやる施策を自分が判断して決めたくない」として、いまになった不出馬表明のタイミングについても、「それは極めて奇妙で非論理的な話。任期が12月、1月というならそれもありうるが、(大橋市長の)任期は8月まであるのだから、堂々とした予算編成、政策をきちんと決めて、最後まで無意思決定状態にならないようやらねばならない。市民の信託は受けているのだから、自信を持ってやったらいい」と別の考えを示した。

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る