辻原登氏の文化講演会

 日高川町文化講演会を取材した。講師は印南町出身の作家、辻原登氏。平成2年に「村の名前」で芥川賞を受賞した。
 演題は「わが故郷 日高」。両親の生い立ちや故郷の思い出が語られた。しかし気がつくと話は日高を遠く離れ、人類と言語の歴史が壮大な視点で語られている。聴衆の頭の上に「いつ日高の話に戻るんだろう」という疑問が浮かんでいるのを察知されたのか、辻原氏は「日高の話に行くためにこれを話してるんですが、時間内に行けるかどうか」と笑いながら時計を見た。幾分ホッとしたような笑いが起こった。
 辻原氏の著作は、多くが純文学。筋立てを楽しむエンターテインメント系の文学とは違い、人間が生きている限り生まれ続けるさまざまな謎に、言葉を使って真摯に立ち向かっていく営みなのではないかと思う。講演では、人間の歴史に即して言葉の歴史が語られた。人間は進化を終えると道具を作り、そして道具の先に、目には見えない道具を作った。「それが『言葉』で、人間の最大の武器」だという。そして壮大な人類史は、やがて古事記の「神武東征」で古代の南紀に到着。熊野の神秘性の説明から有間皇子の悲劇が語られ、熊野に至る直前の地としてようやく日高にたどり着いた。
 日高の意味は文字通り「日の高く輝く国」。古代も日高平野の小高い丘や田んぼは日をいっぱいに受けて輝き、熊野の深い森とは好対照を成していたことだろう。それは、極めて現世的な「陽」の性質を象徴しているかもしれない。
 辻原氏の著作は、難解な作品でも書きぶりに不思議なユーモアがにじんでいるように思う。そこに「故郷日高」の持つ明るさが潜在的に含まれているとはいえないだろうか。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る