今年の梅収穫量が過去最大

 ことしの梅の県内収穫量が過去最高となる7万9000㌧だったことが、農林水産省近畿農政局和歌山地域センターの調べで分かった。開花時期の天候に恵まれ、受粉媒体となるミツバチの活動が活発化したことが要因とみられる。不作だった昨年と比較すると2万4000㌧(44%)増加した。一方、収穫期終盤(7月上旬)の青梅の県内平均価格は1㌔当たり205円で、昨年同期の約4割となった。
 同センターの集計した平成16年から10年間のデータによると、ことしの収穫量7万9000㌧のうち農家の自家消費などを除いた出荷量は7万6100㌧。収穫量、出荷量ともに過去最高となった。昨年の収穫量は5万5000㌧、出荷量は5万3100㌧でいずれも過去最低だったが、ことしは全国的にも豊作傾向。生産量が和歌山県に次いで2位の群馬県でも前年比33%増、3位の福井でも13%増となった。国内の収穫量の合計は12万3700㌧で、前年比38%増。
 この影響で価格は下落し、県内の青梅卸売価格の推移をみると、出始めの5月中旬は1㌔当たり621円だったが、同月下旬には454円、6月上旬には385円、同月中旬には300円、同月下旬には291円、終盤の7月上旬には205円にまで落ち込んだ。過去3年間の終盤の価格を比較すると、一昨年が356円、出荷量が少なかった昨年は506円。農家らによると、「ことしは、近年では記憶にないほどの安値だった」という。
 県内の栽培面積は、昭和54年に1620㌶だったが、平成22年の5140㌶まで右肩上がりで推移し、以降は横ばい状態となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力をPRします!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る