白梅賞に宇戸さんと竿本さん

 知事が地域の社会福祉向上に貢献した人をたたえる白梅賞の受賞者が決まり、ことしは県全体で9人が受賞。日高地方から養護老人ホームときわ寮の主任介護支援員宇戸菊美さん(58)=美浜町和田=、美浜町社会福祉協議会の介護支援専門員竿本智美さん(59)=美浜町和田=の2人が選ばれた。19日午前11時から県庁正庁で表彰式が行われる。
 宇戸さんは、平成元年4月から御坊日高老人福祉施設事務組合の職員となり、特別養護老人ホームや養護老人ホームの介護スタッフとして勤務。利用者の要介護度が高い特養老人ホームでは寝たきりの人も多く、食事や入浴、排泄など生活面全般の介護をこなし、養護老人ホームの元気なお年寄りには自立した生活を維持するための支援とともに、悩みごとの相談にも応じる。日々の仕事では「まずは自分自身が健康に気をつけ、利用者の方に喜ばれる介護を心がけています」。受賞には「これまで私を支えてくださった職場の先輩、同僚の皆さまのおかげ。利用者の方のご支援もあっての受賞です」と話している。
 竿本さんは、平成12年に介護保険制度がスタートするまでは、訪問介護員(ホームヘルパー)として町内の1人暮らしの高齢者を担当。介護保険が始まって以降は介護支援専門員(ケアマネジャー)となり、ヘルパーの仕事で培った知識と現場の経験を基に、利用者が受ける介護サービスの調整を行っている。お年寄りが望む介護、さらにその人にとって本当に必要なサービスとは何か。訪問時に本人と家族らから話を聞くなかで互いの信頼醸成に努め、「利用者と家族の生活スタイル、ニーズに合ったサービスの調整を心がけています」という。受賞には「身に余る光栄で、これも私をご指導くださった職場の皆さま、周りの方たちのご支援のおかげです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る