白梅賞に宇戸さんと竿本さん

 知事が地域の社会福祉向上に貢献した人をたたえる白梅賞の受賞者が決まり、ことしは県全体で9人が受賞。日高地方から養護老人ホームときわ寮の主任介護支援員宇戸菊美さん(58)=美浜町和田=、美浜町社会福祉協議会の介護支援専門員竿本智美さん(59)=美浜町和田=の2人が選ばれた。19日午前11時から県庁正庁で表彰式が行われる。
 宇戸さんは、平成元年4月から御坊日高老人福祉施設事務組合の職員となり、特別養護老人ホームや養護老人ホームの介護スタッフとして勤務。利用者の要介護度が高い特養老人ホームでは寝たきりの人も多く、食事や入浴、排泄など生活面全般の介護をこなし、養護老人ホームの元気なお年寄りには自立した生活を維持するための支援とともに、悩みごとの相談にも応じる。日々の仕事では「まずは自分自身が健康に気をつけ、利用者の方に喜ばれる介護を心がけています」。受賞には「これまで私を支えてくださった職場の先輩、同僚の皆さまのおかげ。利用者の方のご支援もあっての受賞です」と話している。
 竿本さんは、平成12年に介護保険制度がスタートするまでは、訪問介護員(ホームヘルパー)として町内の1人暮らしの高齢者を担当。介護保険が始まって以降は介護支援専門員(ケアマネジャー)となり、ヘルパーの仕事で培った知識と現場の経験を基に、利用者が受ける介護サービスの調整を行っている。お年寄りが望む介護、さらにその人にとって本当に必要なサービスとは何か。訪問時に本人と家族らから話を聞くなかで互いの信頼醸成に努め、「利用者と家族の生活スタイル、ニーズに合ったサービスの調整を心がけています」という。受賞には「身に余る光栄で、これも私をご指導くださった職場の皆さま、周りの方たちのご支援のおかげです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る