男は仕事、女は家庭!?

 去る1日付の本紙社会面でも取り上げたが、御坊市男女共同参画の市民アンケート結果で、「男は仕事、女は家庭」は古い考え方だというのがあらためて分かる。半面、20代の女性でもまだ3割超が「男は仕事…」で、一部には古い考え方が根強く残っていることにも少し驚いた。
 ちなみに筆者のところは共働きだが、「男は仕事…」がよくない考え方だとは思わない。仮にそう言う男性がいて女性も賛成、納得していれば、それはそれでいい。「その考えが女性の社会進出の妨げになり、意識改革が必要」と言う声も聞こえてきそうだが、当の2人が幸せなら意識改革する必要はないのではないだろうか。もちろん女性が社会進出しやすい環境づくりを一層進めることは大切で、働きたい女性は働けるようにしてあげ、そして家庭にいたい女性は家庭にいればいい。しかし、問題なのは考え方を他人に押し付けること。「男は仕事…」に賛成、反対いずれにせよ、自分たちがそのスタイルに当てはまっていれば、他人にとやかく言われる話ではない。そもそも女性が家庭にいて支えるという役割を担うことも、外で働く男性と同じ立派な〝仕事〟。最近では「女が仕事、男が家庭」というケースもあり、ようはとらえ方の問題である。
 ただ、「子どもは親の背中を見て育つ」と言われるため、親がそうであれば子どもは考え方を押し付けなくても自然とそうなるかもしれない。事実、アンケート結果では考え方の影響を受けたのは「親」という答えが3割を超えている。もちろん親の助言は大切だが、子どもが自分で考え、自分で選択できる環境を作ってあげることも、男女共同参画を推進する上で必要なのかもしれない。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る