柔軟な考えで伝統継承

 日高地方の秋祭りもいよいよ最終盤。筆者の地元の祭りは絶好の天候に恵まれた10月の3連休中日の13日にあり、例年通り大いに盛り上がった。
 地元の祭礼はすでに特集号で紹介させてもらった。例年と少し違ったところというと、宵宮の余興の最後に大人の女性が参加したこと。普段なら大人の男性が中心になってだんじり同士を勇壮に競り合わせるのが見どころだが、この時は女性がだんじりを引いたり担いだりした。参加した女性たちの顔には笑顔が見られ、見物人たちも楽しんでいた。
 ことしから日高町阿尾、白鬚神社の秋の祭礼クエ祭で、一番の見せ場の「クエ押し」が廃止になるなどのニュースもあった。クエ祭は江戸時代から数百年続く伝統行事。その中のクエ押しはクエがくくりつけられた丸太を男性が荒々しく奪い合い、勇壮さが売り物だった。少子高齢化が急激に進む中、参加する若衆が少なくなり、限界に達したようだ。こちらは女性が男性に混じって参加するというのは難しそうだが、何とか新たな方法を探して近いうちに復活してほしいと願う。
 地元の祭りでは、小中学生の女の子が太鼓などで参加できるようになって一時の人手不足を脱した。祭りに参加した女の子たちは、大人になって子どもを産んで、また子どもを連れて参加してくれたりする。そんな好循環も出てきている。
 昔なら「女性がだんじりを担ぐなんて…」と歓迎されなかっただろうが、いまはそんな時代ではない。女性が幟差しを担当したなどと紙面でも紹介されている。伝統行事を残していくには前例やしきたりに少しぐらいは目をつぶり、柔軟な考えで対応していくことが必要だろう。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. もういうてる間ぁに春やな…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る